日本語PDF

SESSIONTIMEZONE

構文

目的

SESSIONTIMEZONEは、現行セッションのタイムゾーンを返します。戻り型は、タイムゾーン・オフセット('[+|-]TZH:TZM'という書式の文字列型)またはタイムゾーン地域名です。これは、最近のALTER SESSION文でユーザーが指定したセッション・タイムゾーンの値によって異なります。

ノート:

クライアントのオペレーティング・システムで特定のタイムゾーンを使用している場合でも、オフセットにはクライアント・セッションのデフォルトのタイムゾーンが使用されます。特定のタイムゾーンをデフォルトのセッション・タイムゾーンとして使用する場合は、クライアント環境のORA_SDTZ変数をOracleのタイムゾーン地域名に設定します。この変数の詳細は、『Oracle Databaseグローバリゼーション・サポート・ガイド』を参照してください。

関連項目:

SESSIONTIMEZONEの文字の戻り値に割り当てる照合を定義する照合導出ルールは、『Oracle Databaseグローバリゼーション・サポート・ガイド』の付録Cを参照してください。

次の例では、現行のセッションのタイムゾーンを戻します。

SELECT SESSIONTIMEZONE FROM DUAL;

SESSION
-------
-08:00