日本語PDF

SYS_XMLAGG

構文

目的

SYS_XMLAggは、exprによって表されるすべてのXML文書またはXMLフラグメントを集約し、単一のXML文書を生成します。このファンクションは、デフォルト名ROWSETの新しい囲み要素を追加します。XML文書を別の方法でフォーマットする場合は、XMLFormatオブジェクトのインスタンスであるfmtを指定します。

関連項目:

SYS_XMLAggの結果をフォーマットするためのXMLFormat型の属性の使用方法は、「SYS_XMLGEN」および「XML書式モデル」を参照してください。

次の例では、SYS_XMLGENファンクションを使用して、従業員名の最初の文字がRであるサンプル表employeesの各行に対して、XML文書を生成した後、デフォルトの囲み要素ROWSETの1つのXML文書にすべての行を集約します。

SELECT SYS_XMLAGG(SYS_XMLGEN(last_name)) XMLAGG
   FROM employees
   WHERE last_name LIKE 'R%'
   ORDER BY xmlagg;

XMLAGG
--------------------------------------------------------------------------------
<?xml version="1.0"?>
<ROWSET>
<LAST_NAME>Rajs</LAST_NAME>
<LAST_NAME>Raphaely</LAST_NAME>
<LAST_NAME>Rogers</LAST_NAME>
<LAST_NAME>Russell</LAST_NAME>
</ROWSET>