アップグレード時のOracleホームの新しい場所の選択

新しいリリースのOracle Databaseに、現行のリリースのOracleホームとは別のOracleホームの場所を選択する必要があります。

別のインストール場所を使用すると、新しいOracleソフトウェアとともに、既存のOracleソフトウェアをインストールしたままにできます。別のインストール場所を使用することで、本番環境を完全に置き換える前に、テスト・データベースでアップグレード・プロセスをテストできます。

データベースをアップグレードする際、データベースが非CDBかCDBかにかかわらず、新しいOracleホームをインストールするには新しい場所が必要です。

切断/接続アップグレードを使用してPDBをアップグレードする場合、PDBを接続するターゲットCDBはPDBの場所です。ターゲットCDBにすでにOracleホームがあるため、ターゲットOracleホームのインストールには、新しい場所を選択する必要はありません。