2.18 ASM_DISKGROUPS

ASM_DISKGROUPSでは、ALTER DISKGROUP ALL MOUNT文の発行時にOracle ASMインスタンスが起動時にマウントするディスク・グループ名のリストを指定します。

特性 説明

パラメータ・タイプ

文字列

構文

ASM_DISKGROUPS = diskgroup [, diskgroup ] ...

デフォルト値

デフォルト値はありません。

変更可能

ALTER SYSTEM

PDBで変更可能

いいえ

値の範囲

最大30文字までのカンマで区切られた文字列のリスト

基本

いいえ

Oracle RAC

複数インスタンスには、異なる値を指定可能。

ノート:

このパラメータは、Oracle Automatic Storage Management (Oracle ASM)インスタンスでのみ指定できます。

NOMOUNT起動オプションが指定されていないかぎり、Oracle ASMインスタンスの起動プロセスによりALTER DISKGROUP ALL MOUNTが実行されます。

ASM_DISKGROUPSパラメータは動的です。サーバー・パラメータ・ファイル(SPFILE)を使用している場合は、多くの場合、ASM_DISKGROUPSの値を手動で変更する必要はありません。ディスク・グループが正常に作成またはマウントされると、Oracle ASMによってパラメータにディスク・グループが自動的に追加されます。ディスク・グループが削除されると、ディスク・グループはパラメータから自動的に削除されます。ただし、手動ディスマウントではSPFILEは更新されません。

ALTER DISKGROUP...ALL MOUNTまたはALTER DISKGROUP...ALL DISMOUNTコマンドを発行しても、このパラメータの値には影響しません。

1つのOracle ASMインスタンスに対して最大511個のディスク・グループをサポート

Oracle Database 12cリリース1以降、Oracle ASM構成で511個までのディスク・グループがサポートされるようになりました。Oracle Databaseリリース12cリリース1よりも前のOracle ASM構成では、サポートされるディスク・グループは63個までです。

関連項目:

このパラメータの使用方法および使用例は、『Oracle Automatic Storage Management管理者ガイド』を参照してください。