2.100 DBFIPS_140

DBFIPS_140を使用すると、透過的データ暗号化(TDE)とDBMS_CRYPTO PL/SQLパッケージ・プログラム・ユニットを、連邦情報処理規格(Federal Information Processing Standard)に準拠したモード(以降「FIPSモード」と呼ぶ)で実行できます。

特性 説明

パラメータ・タイプ

ブール値

デフォルト値

false

変更可能

いいえ

PDBで変更可能

いいえ

値の範囲

true | false

基本

いいえ

Oracle RAC

すべてのインスタンスには、同じ値を使用する必要がある。

TDEおよびDBMS_CRYPTOをFIPSモードで使用するには、このパラメータをtrueに設定します。この場合、FIPS準拠のアルゴリズムのみを使用できます。デフォルトでは、このパラメータはfalseに設定されています。このパラメータをfalseに設定する場合、すべてのアルゴリズム(FIPS準拠を問わず)を使用できます。

関連項目: