2.87 DB_INDEX_COMPRESSION_INHERITANCE

DB_INDEX_COMPRESSION_INHERITANCEは、索引の作成で圧縮属性を継承する方法を決定します。

特性 説明

パラメータ・タイプ

文字列

構文

DB_INDEX_COMPRESSION_INHERITANCE = { TABLESPACE | TABLE | ALL | NONE }

デフォルト値

NONE

変更可能

ALTER SESSIONALTER SYSTEM

PDBで変更可能

はい

基本

いいえ

Oracle RAC

すべてのインスタンスに、このパラメータを設定する必要がある。また、複数インスタンスには、同じ値を指定する必要がある。

値は次のとおりです。

  • TABLESPACE

    索引の継承は、表領域の属性に基づきます。

  • TABLE

    索引の継承は、表の属性に基づきます。

  • ALL

    索引の継承は、表の設定に基づきます。ただし、表にデフォルトの圧縮属性が存在しない場合は、索引の継承は表領域の属性に基づきます。

  • NONE

    表または表領域からの索引の継承はありません。

ノート:

CREATE INDEX文で圧縮属性を指定した場合は、DB_INDEX_COMPRESSION_INHERITANCEの値は無視されます。

CREATE INDEX文で圧縮属性を指定した場合は、DB_INDEX_COMPRESSION_INHERITANCEの値は無視され、表または表領域からの継承はありません。表の継承または表領域の継承がある(そして、表領域に明示的な索引圧縮句がない)場合は、次のマトリックスに従います。

表/表領域レベルの圧縮 索引に継承される圧縮
OLTP ADVANCED LOW
QUERY LOW、QUERY HIGH ADVANCED HIGH
ARCHIVE LOW、ARCHIVE HIGH ADVANCED HIGH

関連項目:

索引の圧縮の詳細は、『Oracle Database管理者ガイド』を参照してください。