2.122 ENABLE_IMC_WITH_MIRA

ENABLE_IMC_WITH_MIRAは、Active Data Guardスタンバイ・データベースでインメモリー列ストアおよびOracle Data GuardのMulti-Instance Redo Applyを同時に有効または無効にします。

特性 説明

パラメータ・タイプ

ブール値

デフォルト値

false

変更可能

ALTER SYSTEM

PDBで変更可能

いいえ

値の範囲

true | false

基本

いいえ

Oracle RAC

インスタンスごとに異なる値を使用可能。

このパラメータの値は、スタンバイ・データベースでREDO Applyの開始時にMRP0が生成されるインスタンスにのみ関連します。

ノート:

このパラメータは、Oracle Databaseリリース19c, バージョン19.1以降で使用可能です。