8.78 V$ASM_VOLUME_STAT

Oracle Automatic Storage Management (Oracle ASM)インスタンスの場合、V$ASM_VOLUME_STATは、各Oracle ADVMボリュームの統計に関する情報を示します。

データ型 説明

GROUP_NUMBER

NUMBER

ディスク・グループに割り当てられたクラスタ全体の番号(複合主キー)

VOLUME_NAME

VARCHAR2(30)

ボリュームの名前

COMPOUND_INDEX

NUMBER

上位8ビットがディスク・グループ番号、下位24ビットがボリューム番号で構成される32ビットの番号(ビューへのアクセスを容易にする)

VOLUME_NUMBER

NUMBER

ディスク・グループ内のボリュームの番号(複合主キー)

READS

NUMBER

このボリュームに対する読取り要求の合計数

WRITES

NUMBER

このボリュームに対する書込み要求の合計数

READ_ERRS

NUMBER

このボリュームに対する失敗したI/O読取り操作の合計数

WRITE_ERRS

NUMBER

このボリュームに対する失敗したI/O書込み操作の合計数

READ_TIME

NUMBER

このボリュームに対する読取り要求の合計I/O時間(秒)

WRITE_TIME

NUMBER

このボリュームに対する書込み要求の合計I/O時間(秒)

BYTES_READ

NUMBER

このボリュームに対する読取りバイト数の合計

BYTES_WRITTEN

NUMBER

このボリュームに対する書込みバイト数の合計

CON_ID

NUMBER

データが関係するコンテナのID。可能な値は次のとおり。

  • 0: この値は、CDB全体に関連するデータを含む行に使用される。この値は、非CDB内の行にも使用される。

  • 1: この値は、ルートのみに関連するデータを含む行に使用される

  • n: nは、データを含む行に適用されるコンテナID

このビューの場合、値は常に0

関連項目:

ビューを使用したOracle ASM情報の表示の詳細は、『Oracle Automatic Storage Management管理者ガイド』を参照してください。