Oracle Linux Manager

Oracle Linux Manager(旧称Spacewalk)には、小規模または大規模なデプロイメントでOracle Linuxソフトウェア・ライフ・サイクルを管理するための効果的なツール・セットが用意されています。 Oracle Linux Managerは、キックスタート・インストール、システム構成およびメンテナンス・タスクの自動化にも役立ちます。これにより、実績のある一貫性のあるソフトウェア構成をOracle Linuxシステムに迅速にデプロイできます。 Spacewalk 2.0、Spacewalk 2.2、Spacewalk 2.4およびSpacewalk 2.6は、Oracle Linuxではサポートされなくなりました。

通知

次に示す通知は、標準リリース・サイクルの範囲外であるか、リリースおよび更新レベル全体に一般的に適用されるオペレーティング・システムの動作に対する変更および更新に関連しています。

Oracle Linux Manager 2.10

Spacewalk 2.7

アーカイブされたSpacewalkドキュメント

次のドキュメントで説明されているソフトウェアは、サポートされなくなったか、または拡張サポートされています。 Oracleでは、現在サポートされているリリースにアップグレードすることを強くお薦めします。