BAIおよびSWIFT MT940フォーマットの銀行ファイル・トランザクションおよび残高の統合

データ管理は統合メカニズムとしてアダプタベースのフレームワークを提供し、それによってAccount Reconciliationのお客様は次のことを実行できます:

  • 銀行ファイルをソース・システム(アプリケーション・タイプ「データ・ソース」で識別)として追加します。

  • BAIフォーマットの銀行ファイル(Bank Administration Instituteファイル・フォーマットを使用)またはSWIFT MT940フォーマットの銀行ファイル(SWIFT MT940ファイル・フォーマットを使用)を銀行ファイル・ソース・システムと関連付け、トランザクションをステージングしてAccount Reconciliationターゲット・アプリケーションにロードします。

    ロケーションやメンバー・マッピングの追加などの特定のデータ管理機能は、標準のデータ管理ワークフロー・プロセスを使用して処理されます。データ管理では、データのロードも実行されます。

  • BAIフォーマットの銀行ファイル(Bank Administration Instituteファイル・フォーマットを使用)またはSWIFT MT940フォーマットの銀行ファイル(SWIFTMT940ファイル・フォーマットを使用)を銀行ファイル・ソース・システムと関連付け、残高をステージングしてAccount Reconciliationターゲット・アプリケーションにロードします。残高は、月1回または日次で転記される日末銀行残高です。

    ロケーションやメンバー・マッピングの追加などの特定のデータ管理機能は、標準のデータ管理ワークフロー・プロセスを使用して処理されます。データ管理では、データのロードも実行されます。

  • 必要に応じてトランザクション照合データ・ソースごとにターゲット・アプリケーションを追加し、インポート・フォーマットでファイルベース・ソース・システム(BAIファイルまたはSWIFTMT940ファイルを含む)からトランザクション照合ターゲット・アプリケーションにディメンションをマップします。この方法で、お客様はファイル・フォーマットを使用して任意のソース・システムから簡単にデータをインポートし、それをトランザクション照合ターゲット・アプリケーションにプッシュできます。ロケーションやメンバー・マッピングの追加などの特定のデータ管理機能は、標準のデータ管理ワークフロー・プロセスを使用して処理されます。

    トランザクション照合のためのターゲット・アプリケーションを作成する際は、データを正しくロードするために、「インポート・フォーマット」で、ターゲット・アプリケーションから「データ」ではなく「金額」フィールドを選択します。