BAIフォーマットの銀行ファイルまたはSWIFT MT940フォーマットの銀行ファイル・トランザクションの統合

銀行ファイル・データをロードする際には、銀行ファイル・ソース・システムと関連付けられたデータ・ソースを作成します。データ管理で、BAIおよびSWIFT MT940ファイル・フォーマットが.CSVフォーマットに変換されます。

BAIフォーマットの銀行ファイル・トランザクションのソース・アプリケーションには、あらかじめ定義された次の定数列およびヘッダーがあります。

  • 勘定科目
  • 金額
  • トランザクション・タイプ
  • 通貨
  • トランザクション日
  • 銀行照会
  • 顧客照会
  • 銀行テキスト

Swift MT940フォーマットの銀行ファイル・トランザクション・ファイルのソース・アプリケーションには、あらかじめ定義された次の定数列およびヘッダーがあります。

  • トランザクション参照番号
  • 勘定科目
  • 明細番号
  • 取引明細書日付
  • トランザクション日
  • 金額
  • トランザクション・タイプ
  • 顧客参照
  • 銀行参照
  • 銀行テキスト
  • 追加情報1
  • 追加情報2
  • 追加情報3

BAIフォーマットの銀行ファイル残高ファイルのソース・アプリケーションには、あらかじめ定義された次の定数列およびヘッダーがあります。

  • 期末残高
  • 通貨(口座通貨が最初に抽出されます。これが使用不可の場合は、グループ通貨が抽出されます。ほとんどの場合、口座通貨とグループ通貨は同一です。)
  • トランザクション・タイプ
  • 通貨
  • 取引明細書日付
  • 勘定科目

Swift MT940フォーマットの銀行ファイル・トランザクションのソース・アプリケーションには、あらかじめ定義された次の定数列およびヘッダーがあります。

  • 期末残高
  • 通貨
  • トランザクション・タイプ
  • 通貨
  • 取引明細書日付
  • 勘定科目

BAIフォーマットの銀行ファイルまたはSWIFT MT940フォーマットの銀行ファイル・トランザクション・ソース・システムを追加するには:

  1. ホーム・ページで、「ナビゲータ」アイコン(「ナビゲータ」アイコン)をクリックし、「統合」カテゴリから「データ管理」を選択します。
  2. 「設定」タブを選択し、「登録」「ターゲット・アプリケーション」を選択します。
  3. 「ターゲット・アプリケーション」のサマリー・グリッドで、「追加」をクリックし、「データ・ソース」を選択します。
  4. 「ソース・システム」から、銀行ファイルを選択します。
  5. 「アプリケーション名」で、値のリストからアプリケーション名を選択します。

    使用可能なアプリケーション・タイプは次のとおりです:

    • BAIフォーマットの銀行ファイル・トランザクション
    • SWIFT MT940フォーマットの銀行ファイル・トランザクション
    イメージはソース・システム・ページを示します。

    BAIフォーマットの銀行ファイル・トランザクション・ファイルの場合、使用可能なアプリケーション名は、トランザクション照合での照合タイプとその照合タイプのデータ・ソース名の組合せです。たとえば、トランザクション照合で、照合タイプINTERCOにAPおよびARという2つのデータ・ソースがあるとします。この場合、使用可能なリストには、INTERCO:APおよびINTERCO:ARという2つのターゲット・アプリケーション名が表示されます。

    注:

    BAIソース・ファイルへのデータ管理接続は、次の状況で失敗します:

    • トランザクション照合で照合タイプが変更されます。
    • データ・ソースIDが変わります。
    • データ・ソース属性IDが変わるか、または追加および削除されます。

    この場合、アプリケーションを再作成する必要があります(ターゲット・アプリケーション全体、インポート・フォーマット、ロケーション、データ管理でのマッピングおよびデータ・ロード・ルールを含む)。

    SWIFT MT940ファイルの場合、SWIFT MT940フォーマットの銀行ファイル・トランザクションを選択します。

  6. 「接頭辞」で、ソース・システム名を一意にする接頭辞を指定します。

    追加するソース・システム名が既存のソース・システム名に基づいているときは、接頭辞を使用してください。その接頭辞が既存の名前に結合されます。たとえば、銀行ファイル・アプリケーションに既存のアプリケーションと同じ名前を付ける場合は、接頭辞としてイニシャルを割り当てます。

  7. 「OK」をクリックします。
  8. 銀行ファイル・ソース・システムのディメンションを追加または変更するには、「ディメンションの詳細」タブを選択します。

    銀行ファイル・アプリケーションのディメンション詳細を次に示します。

    イメージは「ディメンションの詳細」タブを示します

  9. 「ターゲット・ディメンション・クラス」を選択するか、イメージは「検索」ボタンを示しますをクリックして、アプリケーションで定義されていないディメンションごとに「ターゲット・ディメンション・クラス」を選択します。

    ディメンション・クラスは、ディメンション・タイプによって定義されるプロパティです。

  10. インポート・フォーマットを作成することにより、銀行ファイル・ソース・システムとAccount Reconciliationターゲット・アプリケーション間の統合マッピングを設定します。

    インポート・フォーマットの操作を参照してください。

  11. インポート・フォーマットの関連付けに使用するロケーションを定義します。

    ロケーションの定義を参照してください。

  12. 通貨バケットをマップするカテゴリ・マッピングを作成します。

    カテゴリ・マッピングの定義を参照してください。

    注:

    カテゴリ・マッピングはトランザクション照合に関連していませんが、双方ともデータ管理には必要です。
  13. ソースからターゲットにメンバーをマップするデータ・マッピングを定義します。

    注:

    すべてのトランザクション照合ファイルには、対応するトランザクション照合プロファイルにマップする照合IDディメンションが必要です。

    メンバー・マッピングの作成を参照してください。

  14. データ・ロード・ワークベンチで、データ・ロード・ルールを実行してデータのテストおよび検証を行い、データ・ロード・ルールが適切に実行されていることおよびデータが正しいことを確認します。データ管理でデータを変換し、Account Reconciliationで使用できるようステージングします。

    データ・ロード・ルールを実行するとき、視点では、ロケーション、期間およびカテゴリを選択する必要がありますが、トランザクション照合ではトランザクションの処理時に期間とカテゴリを使用しません。選択する必要があるのは正しいロケーションのみです。