Budgetary Controlソースへの接続の構成

ここでは、Budgetary Controlソースを構成する手順について説明します。

Budgetary Control残高キューブとその基礎となる予算管理は、Budgetary Controlの予算管理が次の条件に該当する場合、Oracle Enterprise Performance Management Cloudと統合できます:

  • Planningのソース予算タイプがある。
  • 予算セグメントとしてのプロジェクト・ポートフォリオ管理キーがない
  • Budgetary Control残高キューブに関連付けられている

Budgetary ControlEPM Cloudとの統合を開始するには、ソース・システム・タイプがOracle ERP Cloudのソース・システムを作成して登録します。

ソース・システムと接続情報を指定したら、ソース・システムを初期化し、多くのEssbaseターゲット・アプリケーションの1つであるEPM CloudBudgetary Controlの情報をコピーします。

Budgetary Controlソース・システムを追加するには:

  1. 「設定」タブの「登録」で、「ソース・システム」を選択します。
  2. 「ソース・システム」で、「追加」をクリックします。
  3. ソース・システム詳細を入力します:
    1. 「ソース・システム名」で、ソース・システム名を入力します。

      注:

      ソース・システム名にスペースが含まれていないことを確認します。たとえば、Fin Cloud BCではなくFinCloudBCを使用します。
    2. 「ソース・システムの説明」に、ソース・システムの説明を入力します。
    3. 「ソース・システム・タイプ」で、Oracle ERP Cloudを選択します。
    4. 「Fusion Budgetary Control」を選択します。
      Budgetary Controlが有効化されている場合は、接頭辞"XCC _"の付いたBudgetary Controlアプリケーションのみがインポートされます。

      イメージはソース・システム・ページの「詳細」セクションを示します。

    5. 「アプリケーション・フィルタ」に、ソース・システムを初期化したときに返されるBudgetary Controlアプリケーションの数を制限するフィルタ条件を指定します。

      フィルタ条件は1つのみでも、複数でも指定できます。複数のフィルタ条件を使用する場合は、各フィルタ条件をカンマ(,)で区切ってください。

      アプリケーション名をフィルタ条件として指定する場合は、Budgetary Controlアプリケーションのフル・ネーム、ワイルド・カード、または次に示すような、1文字用のワイルド・カードを使用できます。

      • XCC_VF_City_Budget (フル・ネーム)
      • XCC_VF* (ワイルド・カード)
      • XCC_VF??COA (1文字用のワイルド・カード)

      Fusion Budgetary Controlの予算管理の管理タスクを使用して、統合先となる予算管理のBudgetary Control残高Essbaseキューブの名前を取得できます。

      初期化プロセスを実行すると、フィルタ条件に一致するすべてのアプリケーションがインポートされます。フィルタを指定しない場合は、すべてのアプリケーションがインポートされます。

  4. 「ソース接続の構成」をクリックします。

    Budgetary Controlのユーザー名およびパスワードの保管には、ソース接続構成が使用されます。また、WSDL接続も同様に保管されます。

  5. 「ユーザー名」に、Budgetary Controlのユーザー名を入力します。

    予算管理者として割り当てられており、統合するBudgetary Control予算データへのアクセス権を持っているユーザーの名前を入力します。

  6. 「パスワード」に、ユーザーのパスワードを入力します。

    このパスワードは、Oracle ERP Cloudのパスワードを変更するたびに更新する必要があります。

  7. 「WebサービスURL」に、Fusion Webサービスのサーバー情報を入力します。たとえば、https://serverと入力します。
    イメージは「ソース接続の構成」ページを示します。

    リリース19.01以前のOracle ERP Cloudを使用しているお客様の場合は、旧WSDLを使用して接続してから、次のフォーマットでURLを指定します:

    R12より前のバージョンのリリースURLフォーマットを使用している場合は、WebサービスURLへのログオンに使用されているURLの"fs"をfinに置換します。

    R12より後のバージョンのリリースURLフォーマットを使用している場合は、ログオンに使用されているURLの"fs"を"fa"に置換するか、または、WebサービスURLへのログオンに使用されているサーバーをコピーして貼り付けます。

    たとえば、 https://efsdcdgha02.fin.efops.oraclecorp.com/publicFinancialCommonErpIntegration/ErpIntegrationService?WSDLと指定します

    \
  8. 「接続のテスト」をクリックします。
  9. 「構成」をクリックします。

    ソース・システム[ソース・システム名]構成が正常に完了しましたという確認メッセージが表示されます。

  10. 「ソース・システム」画面で「初期化」をクリックします。

    ソース・システムを初期化すると、予算や予算勘定体系など、データ管理に必要なすべてのメタデータがフェッチされます。また、ソース・システムで勘定体系、セグメント/チャートフィールド、元帳、職責などが新規に追加された場合もソース・システムを初期化する必要があります。

    初期化プロセスには時間がかかることがあり、ジョブ・コンソールで進捗を確認できます。

  11. 「保存」をクリックします。