インポート・フォーマットの操作

インポート・フォーマットでは、Budgetary Control(予算勘定体系)セグメントとOracle Enterprise Performance Management Cloudディメンションとの間の統合マッピングを設定できます。

ソースとターゲットを選択すると、データ管理によってソースとターゲットの列に自動的に移入されます。

注:

Budgetary Controlには、シナリオ・ディメンションのかわりに予算管理ディメンションがあります。

インポート・フォーマットは、次の3つのセクションで構成される「インポート・フォーマット」画面で操作します:

  • インポート・フォーマットのサマリー - ソースおよびターゲット・アプリケーションに関連する一般的な情報を表示します。

  • インポート・フォーマットの詳細 - インポート・フォーマット情報を追加して保持できます。

  • インポート・フォーマット・マッピング - インポート・フォーマット・マッピング情報を追加して保持できます。

Budgetary Controlベースのソースのインポート・フォーマットを追加するには:

  1. 「設定」タブの「統合設定」で、「インポート・フォーマット」を選択します。

  2. 「インポート・フォーマット」サマリー・タスク・バーで、「追加を選択します。

    「インポート・フォーマット」画面の上部グリッドに、行が追加されます。

  3. 「名前」に、インポート・フォーマットのユーザー定義の識別子を入力します。

    このインポート・フォーマットにマッピングが作成された後で、このフィールドの値を変更することはできません。

  4. 「説明」に、インポート・フォーマットの説明を入力します。

  5. 「ソース」で、ドロップダウンからデータ管理のソース・アプリケーションを選択します。

  6. 「ターゲット」で、Budgetary Controlアプリケーションを選択します。

  7. インポート・フォーマット・マッピング・セクションに移動します。

  8. 「追加」をクリックして、データ管理のターゲット・ディメンションを選択します。

  9. 「ソース列」から、マップ元のソース列を指定します。

    「ソース列」ドロップダウンに、データ管理アプリケーションで使用可能なBudgetary Controlソース・システム列がすべて表示されます。

    注:

    Planningアプリケーションのバージョン・ディメンションなど、Budgetary ControlディメンションからマップできないPlanningディメンションは、マップしないままにします。これらのマップされないPlanningディメンションについては、後からデータ・ロード・マッピングで「最終バージョン」などの単一メンバーを指定できます。

  10. オプション: 「式」に任意のインポート式を追加します。

    データ管理には、ほとんどすべてのファイルをデータ管理データベースに読み込んで解析できる、一連の強力なインポート式が用意されています。フィールドの「式」列に高度な式を入力します。インポート式は、インポート・ファイルから読み込まれた値を演算します。

    詳細は、インポート式の追加を参照してください。

  11. 「保存」をクリックします。