データ・ロード・ルールのフィルタの追加

データ管理では、ルールが作成されると、Budgetary Controlフィルタが自動的に作成されます。必要に応じてフィルタを変更できますが、削除はできません。(フィルタが削除されると、データ管理でデフォルト値が再作成されます。)

Budgetary Controlからのデータのインポートに使用するデータ・ルールについては、フィルタを使用して結果を制限します。

ルールの作成時、データ管理でフィルタが自動的に作成されます。必要に応じてフィルタを変更できますが、削除はできません。(フィルタが削除されると、データ管理でデフォルト値が再作成されます。)

Budgetary Controlのデータ・ロード・フィルタを使用して操作する場合は、次のことに注意してください。

  • 予算管理 - このディメンションを追加し、消費平衡のロード元の予算管理を選択します。
  • 「金額タイプ」Budgetary Controlディメンション - Budgetary Controlからロードされる明細アイテムの勘定科目は通常、損益計算書タイプであると想定して、PTDを選択します。
  • 残高金額Budgetary Controlディメンション - Planningアプリケーションにロードする消費金額タイプに対するビジネス要件に応じて、「契約」、債務、その他の見込支出、支出などの残高金額を選択します。
  • その他のBudgetary Controlディメンションについては、Planningアプリケーションでデータをロードする適切なレベルからメンバーを選択します。

データ・ロード・ルールにフィルタを割り当てるには:

  1. 「ワークフロー」タブの「データ・ロード」で、「データ・ロード・ルール」を選択します。

  2. フィルタを追加するデータ・ロードのルールを選択します。

  3. 「ソース・オプション」タブを選択します。

    「データ・ロード・ルール」画面の「ソース・オプション」タブ。
  4. 「ソース・フィルタ」領域で「追加」ボタンをクリックします。

  5. 「ディメンション名」を選択します。

  6. 「フィルタ条件」で、フィルタ条件を指定します。

    • フィルタ条件テキスト・ボックスに、メンバー名またはフィルタ条件を入力します。

    • イメージは省略記号ボタンを示しますをクリックして「メンバー選択」画面を表示し、メンバー・セレクタを使用してメンバーを選択します。次に、「OK」をクリックします。

    「メンバー・セレクタ」ダイアログ・ボックスが表示されます。メンバー・セレクタを使用すると、ディメンション内のメンバーを表示して選択できます。[+]および[-]を使用すると、ディメンション内のメンバーを展開および縮小できます。

    「選択」ダイアログ・ボックスには、2つのペインがあり、ディメンションのすべてのメンバーが左側に表示され、選択内容が右側に表示されます。そのディメンションで使用可能なすべてのメンバーが表示される左ペインには、メンバー名および簡単な説明が表示されます(使用可能な場合)。選択内容が表示される右ペインには、メンバー名および選択タイプが表示されます。

    それぞれのペインの上の「V」ボタンを使用して、メンバー・セレクタの列を変更できます。

    注:

    ディメンションにフィルタを割り当てます。適切なメンバーのレベルを指定しないと、サマリー・メンバーまでもが取得され、結果が膨大になります。

    メンバー・セレクタを使用するには:

    1. 左側の使用可能なディメンションおよびメンバーのリストで、メンバーを選択して「選択」ボタンをクリックします。

    2. メンバーのリストからメンバーの選択を解除するには、「選択解除」ボタン。をクリックします。

    3. メンバーに特殊なオプションを追加するには、「特殊の追加」ボタン。をクリックして、オプションを選択します。

      メンバー・オプションで、「(含む)」は選択したメンバーを含むことを意味します。たとえば、「子(含む)」は選択したメンバーを含むメンバーのすべての子を追加し、「子孫(含む)」は選択したメンバーを含むすべての子孫を追加します。「子」を選択した場合、選択したメンバーは含まれず、その子のみが含まれます。

      そのメンバーは右側に移動され、「選択のタイプ」列には選択したオプションが表示されます。たとえば、「選択のタイプ」列に「子孫」が表示されます。

      ヒント:

      選択したリストのすべてのメンバーをクリアするには、「すべて選択解除」ボタン。をクリックします。

    4. 「OK」を2回クリックして、ソース・フィルタ詳細の定義を続行します。

    選択したメンバーは、Essbase構文で「フィルタ条件」フィールドに表示されます。