EPM Cloudの予算残高をBudgetary Controlにライトバックするプロセスの説明

PlanningおよびPlanningモジュール・アプリケーションで作成された予算を、Budgetary Controlにライトバックできます。

次に、Oracle Enterprise Performance Management Cloudの予算をBudgetary Controlにライトバックするステップをおおまかに示します。

  1. EPM Cloudディメンションからマップされるディメンションを含むBudgetary Controlアプリケーションを選択します。

  2. Budgetary Controlへのソース接続を登録、構成および初期化します。

    Budgetary Controlソースへの接続の構成を参照してください。

    注:

    「Budgetary ControlをEPM Cloudにロードするプロセスの説明」のトピックで、Budgetary Controlアプリケーションに接続するソース・システムをすでに登録している場合は(Budgetary Controlの予算消費残高をEPM Cloudにロードするプロセスの説明を参照)、それと同じソース・システムを再利用する必要があります。

    注:

    このリリースでは、ドリル・スルーはサポートされていません。
  3. EPM Cloudソース・システムから予算をライトバックするBudgetary Controlターゲット・アプリケーションを選択します。

    タイプがEssbaseのターゲット・アプリケーションとともに、Budgetary Controlアプリケーションがダウンロードされます。

    ルールにより、Budgetary Controlアプリケーションにライトバックするとき、「ターゲット・アプリケーション」画面では、ディメンション詳細の変更、追加または削除を実行できません。

    ターゲット・アプリケーションの登録を参照してください。

  4. インポート・フォーマットを作成して、PlanningアプリケーションとBudgetary Controlターゲット・アプリケーション間でディメンションをマップします。

    インポート・フォーマットの操作を参照してください。

  5. EPM Cloudアプリケーションのインポート・フォーマットをBudgetary Controlアプリケーションに関連付けるためのロケーションを作成します。

    ロケーションの定義を参照してください。

  6. Budgetary Controlに予算をライトバックする、Planningアプリケーションのシナリオ・ディメンション・メンバーに対するカテゴリ・マッピングを作成します。

    カテゴリ・マッピングの定義を参照してください。

  7. PlanningアプリケーションとBudgetary Controlの間でディメンションをマップするためのデータ・ロード・マッピングを作成します。

    データ・ロード・マッピングを参照してください。

  8. データ・ロードを実行して予算金額を転送するためのデータ・ロード・ルール(統合定義)を作成します。

    データ・ロード・ルールの追加を参照してください。

  9. Budgetary ControlにロードされたEPM Cloudの予算を表示します

    Budgetary ControlにロードされたEPM Cloudの予算の表示を参照してください。

  10. オプションで、カスタム・ターゲット・アプリケーションを使用して、予算データをPlanningからフラット・ファイルに書き出すことができます。この出力ファイルは、他のアプリケーションにデータをロードするために使用できます。

    カスタム・ターゲット・アプリケーションの作成を参照してください。