Oracle ERP Cloudへの予算のライトバック

アプリケーションの予算情報がすべてそろったら、Oracle Enterprise Performance Management Cloudアプリケーションをソースとして定義し、Oracle General Ledgerターゲットにデータをライトバックできます。

必要なフィルタを指定したら、予算値をEPM Cloudから抽出し、Oracle General Ledgerに書き込むことができます。エクスポート・ワークフロー・ステップで、データはフラット・ファイルに書き込まれ、これがファイル・リポジトリにコピーされます。

Oracle General Ledgerにライトバックするには:

  1. Oracle General Ledgerにディメンションをマップするインポート・フォーマットを作成します。
    1. 「設定」タブの「統合設定」で、「インポート・フォーマット」を選択します。

    2. 「追加」をクリックします。

    3. 「名前」に、インポート・フォーマットの名前を入力します。

    4. 「ソース」で、ドロップダウンからEPM Cloudアプリケーションの名前を選択します。

    5. 「説明」に、インポート・フォーマットを識別するために使用できる説明を入力します。

    6. 「ドリルURL」は、空白のままにしておきます。

    7. 「ターゲット」ドロップダウンで、Oracle General Ledgerアプリケーションを選択します。

    8. 「ターゲット」ドロップダウンで、EPMアプリケーションを選択します。

    9. 「保存」をクリックしてインポート・フォーマットを保存し、下部への移入を確認します。
    10. 「インポート・フォーマット」画面の下部領域にスクロールして、EPM Cloudディメンションを総勘定元帳のディメンションにマップします。

    11. ターゲット・ディメンション「元帳」のソースをマップします。

      エンティティなどのディメンションを元帳にマップし、必要なデータ・ロード・マッピングを定義してOracle General Ledgerの名前に変換します。単一元帳にライトバックする場合、式列に元帳の名前を入力します。

    12. 「ターゲット・オプション」をクリックし、「予算の名前」を選択します。
    13. 「式」は、空白のままにしておきます。

      ターゲットが予算名の場合、使用する会計シナリオの値を入力します。

  2. ロケーションを作成します。

    ロケーションは、Oracle General Ledgerへの予算額の転送を実行するために使用されます。インポート・フォーマットがロケーションに割り当てられます。複数のインポート・フォーマットを使用している場合は、複数のロケーションを定義する必要もあります。

    1. 「設定」タブの「統合設定」で、「ロケーション」を選択します。

    2. 「追加」をクリックします。

    3. 「名前」に、ロケーションの名前を入力します。

      EPM CloudからOracle General Ledgerへの転送を開始すると、このロケーション名が表示されます。

      EPMアプリケーションからOracle General Ledgerへの転送を開始すると、このロケーション名が表示されます。

    4. 「インポート・フォーマット」で、転送中に使用するインポート・フォーマットの名前を選択します。

      注:

      「ソース」および「ターゲット」フィールド名はインポート・フォーマットに基づき自動的に移入されます。
    5. 「親のロケーション」に、ロケーションに割り当てられた親を入力します。

      親マッピングは他のロケーションとのマッピングの共有に使用されます。親ロケーションにマッピングを入力します。関連するロケーションが同じマッピングを使用できます。複数のロケーションが親を共有できます。この機能は、複数のロケーションが勘定科目の1つのチャートを使用している場合に役立ちます。子または親のマッピング表を変更すると、子と親のすべてのロケーションに適用されます。

    6. 「ソース」には、ソースが自動的に移入されます。

    7. 「機能通貨」で、そのロケーションの機能通貨を指定します。

    8. オプション: 「ロジック勘定科目グループ」で、ロケーションに割り当てるロジック勘定科目グループを指定します。
    9. オプション: 「確認エンティティ・グループ」で、ロケーションに割り当てる確認エンティティ・グループを指定します。
    10. オプション: 「確認ルール・グループ」で、ロケーションに割り当てる確認ルール・グループを指定します
    11. ロケーションを保存します。

    ロケーションの定義を参照してください。

  3. 期間マッピングを作成します。

    期間マッピングは、転送のために期間をOracle General Ledgerの会計カレンダ期間に変換する場合に使用されます。

    注:

    期間を指定する場合は、開始および終了期間が単一会計年度内にある必要があります。会計年度をまたがるデータ範囲を指定すると、データが重複します。

    1. 「設定」タブの「統合設定」で、「期間マッピング」を選択します。

    2. 「追加」をクリックし、予算額を受け取る各期間の個別行を追加します。

      一般会計で元帳により使用される会計カレンダからの期間名を使用します。

    3. 「期間キー」を定義します。

      値を選択すると、期間キー、前期間キー、期間名およびターゲット期間の月に関する情報が自動的に移入されます。

      • ターゲット期間の月 - このフィールドの値は、転送された金額を受け取るOracle General Ledgerの元帳の会計カレンダと一致する必要があります。

      • ターゲット期間の年 - (「ターゲット期間の月」列で定義されている)会計期間に対応する値を使用します。

      期間マッピングの定義を参照してください。

  4. データ・ロード・ルールを定義します。

    データ・ロード・ルールは、EPM CloudアプリケーションからOracle General Ledgerに残高を転送するプロセスを送信するために使用されます。データ・ロード・ルールは、作成されるのは1回ですが、転送のたびに使用されます。

    1. 「ワークフロー」タブの「データ・ロード」で、「データ・ロード・ルール」を選択します。

    2. 「POVバー」から、データ・ロード・ルールに使用するロケーションを選択します。

      データ・ロード・ルールは、視点のコンテキスト内で処理されます。デフォルトの視点は自動的に選択されます。視点の情報は、画面下部にあるPOVバーに表示されます。

    3. 「追加」をクリックします。

    4. 「名前」に、データ・ロード・ルールの名前を入力します。

    5. 「カテゴリ」では、デフォルトのカテゴリ値を受け入れます。

    6. 「説明」に、一般会計残高の転送要求を開始したときにデータ・ロード・ルールを識別するための説明を入力します。

    7. 「ターゲット・プラン・タイプ」で、プラン・タイプを選択します。

    8. 「期間マッピング・タイプ」で、データ・ルールごとに期間マッピング・タイプを選択します。

      有効なオプション:

      • デフォルト - データ・ルールでは、データ管理で定義されている期間キーおよび前期間キーを使用して、データ・ルール実行に含まれている各データ管理期間にマップされたソース一般会計期間を判断します。

      • 明示 - データ・ルールでは、データ管理で定義されている明示期間マッピングを使用して、データ・ルール実行に含まれる各データ管理期間にマップされたソースGL期間を判断します。明示期間マッピングにより、期間が開始日および終了日で定義されていない追加のGLデータ・ソースをサポートできます。

    9. 「保存」をクリックします。
  5. ソース・オプション・フィルタをライトバックのためのデータ・ロード・ルールに追加します。
    1. 「ワークフロー」タブの「データ・ロード」で、「データ・ロード・ルール」を選択します。

    2. 「POVバー」から、データ・ロード・ルールに使用するロケーションを選択します。

      データ・ロード・ルールは、視点のコンテキスト内で処理されます。デフォルトの視点は自動的に選択されます。視点の情報は、画面下部にあるPOVバーに表示されます。

    3. フィルタを追加するデータ・ロードのルールを選択します。

    4. 「ソース・オプション」タブを選択します。

    5. 「ソース・フィルタ」領域で「追加」ボタンをクリックします。

    6. 「ディメンション名」を選択します。

    7. 「フィルタ条件」で、フィルタ条件を指定します。

      • フィルタ条件テキスト・ボックスに、メンバー名またはフィルタ条件を入力します。

      • イメージは省略記号ボタンを示しますをクリックして「メンバー選択」画面を表示し、メンバー・セレクタを使用してフィルタリングのための関数を選択します。次に、「OK」をクリックします。

      メンバー・セレクタを使用するには:

      1. 左側の使用可能なディメンションおよびメンバーのリストで、メンバーを選択して「選択」ボタンをクリックします。

      2. メンバーのリストからメンバーの選択を解除するには、「選択解除」ボタン。をクリックします。

      3. メンバーに特殊なオプションを追加するには、「特殊の追加」ボタン。をクリックして、オプションを選択します。

        メンバー・オプションで、「(含む)」は選択したメンバーを含むことを意味します。たとえば、「子(含む)」は選択したメンバーを含むメンバーのすべての子を追加し、「子孫(含む)」は選択したメンバーを含むすべての子孫を追加します。「子」を選択した場合、選択したメンバーは含まれず、その子のみが含まれます。

        そのメンバーは右側に移動され、「選択のタイプ」列には選択したオプションが表示されます。たとえば、「選択のタイプ」列に「子孫」が表示されます。

        ヒント:

        選択したリストのすべてのメンバーをクリアするには、「すべて選択解除」ボタン。をクリックします。

      4. 「OK」を2回クリックして、ソース・フィルタ詳細の定義を続行します。

      選択したメンバーは、Essbase構文で「フィルタ条件」フィールドに表示されます。

  6. データ・ロード・ルールを実行してライトバックします。
    1. 「ワークフロー」タブの「データ・ロード」で、「データ・ロード・ルール」を選択します。

    2. 「POVバー」から、データ・ロード・ルールに使用するロケーションと期間を確認します。

    3. 「実行」を選択して、予算額をOracle General Ledgerに転送する要求を送信します。

    4. 「ソースからインポート」で、予算情報をPlanningにインポートすることを選択します。

    5. 「再計算」は、空白のままにしておきます。

    6. 「ターゲットにエクスポート」で、情報をOracle General Ledgerにエクスポートすることを選択します。

    7. 「開始期間」で、転送する最早一般会計期間を選択します。

      値のリストには、期間マッピングで定義したすべての一般会計期間が含まれます。これは通常、初回予算ロードの年の第1期間であり、Oracle General Ledgerに転送される予算が更新された場合は、その年の現在の期間または将来の期間になります。

    8. 「終了期間」で、転送する最後の一般会計期間を選択します。

      値のリストには、期間マッピングで定義したすべての一般会計期間が含まれます。

    9. 「インポート・モード」で、「置換」を選択して、(「開始期間」オプションと「終了期間」オプションから)選択した期間範囲のOracle General Ledgerの既存予算情報を上書きします。

      「追加」を選択すると、既存の金額を上書きせずに既存のOracle General Ledger予算額に情報を追加します。

    10. 「実行」をクリックします。