フリー・フォーム・アプリケーションへのデータのロード

フリー・フォーム・アプリケーション・タイプは、必要な分析をサポートするために、Planning環境内にネイティブのEssbaseアプリケーションを再作成するビジネス・プロセスです。フリー・フォームでは、任意のディメンションをキューブに関連付けることができます。Planning固有の「通貨」、「エンティティ」、「シナリオ」および「バージョン」ディメンションとそのメンバー階層は、フリー・フォーム・ビジネス・プロセスでは必要ありません。フリー・フォームを使用して、プラットフォーム機能をそのまま活用しながら、独自のモデリングを実行したり独自のキューブを作成します。サービス管理者は、Essbaseアウトライン(OTL)ファイルを使用するか、ディメンショナリティを手動で定義して、フリー・フォーム・アプリケーションを作成します。詳細は、 Oracle Enterprise Performance Management Cloud管理者スタート・ガイド のフリー・フォーム・ビジネス・プロセスの作成に関する項を参照してください。

フリー・フォーム・アプリケーションは、なんらかの用途のEssbaseアプリケーションを作成するか、またはオンプレミス・アプリケーションをOracle Enterprise Performance Management Cloudに移行するお客様に適しています。これは、Planningのフリー・フォーム・アプリケーションにはディメンション要件がないためです。

これらのフリー・フォーム・アプリケーションをデータ管理およびデータ統合でロードできますが、いくつかの考慮事項があります:

  1. フリー・フォーム・アプリケーションには、最小限、3つのディメンション(「勘定科目」、「期間」および「シナリオ」)が必要です。データ管理およびデータ統合内のアプリケーション定義には、ディメンション・タイプが「勘定科目」、「期間」および「シナリオ」の3つのディメンションが必要です。

  2. データのロード先をシステムが認識できるように、期間マッピングを設定する必要があります。たとえば、フリー・フォーム・アプリケーションで作成された期間メンバーであるJan-20という期間で期間マッピングを設定できます。データ管理およびデータ統合で期間マッピングを設定する場合、期間マッピングのユーザー・インタフェース検証に合格するように、フリー・フォーム・アプリケーションで作成された期間および年のエントリを入力します。これは、フリー・フォーム・アプリケーションで年ディメンションを定義する必要がない場合です。期間のみが必要です。

  3. 「シナリオ」ディメンションを指定する必要がありますが、Planningでは、これはどのようなものでも構いません。そのディメンションがこちら側でシナリオとして分類されることのみが必要です。次に、プロセスが成功するようにカテゴリ・マッピングを設定する必要があります。

  • ディメンションの1つにディメンション分類「勘定科目」を割り当てます。

  • ドリル・スルー機能を使用する場合は、「シナリオ」ディメンションが必要です。ディメンションの1つにディメンション分類「シナリオ」を割り当てます。ディメンションが「シナリオ」として分類されると、カテゴリ・マッピングを使用してターゲット値が割り当てられるため、データは1つの値にのみロードできます。この要件を満たすディメンションを選択し、カテゴリ・マッピングを定義します。

  • 確認機能を使用する場合は、「エンティティ」ディメンションが必要です。ディメンションの1つにディメンション分類「エンティティ」を割り当てます。

ASOタイプのアプリケーションは、作成時に自動登録されません。データ管理の「ターゲット・アプリケーション」ページを使用して、「Essbase」アプリケーション・タイプを選択し、アプリケーションを手動で登録します。