ロジック・グループ・フィールド

ロジック勘定科目は、次のフィールドで構成されています:

  • アイテム

  • 説明

  • 条件タイプ

  • 条件値

  • 演算子

  • 値/式

  • シーケンス

  • エクスポート

アイテム

アイテム・フィールドを使用してロジック勘定科目の名前を指定します。アイテム・フィールドで指定されたロジック勘定科目がソース勘定科目としてワークベンチのグリッドに表示されます。同じ勘定科目をマッピング・ルールでソースとして使用できます。ロジック勘定科目の名前の先頭に"L"または他の文字を付け、勘定科目がソース・ファイルのものであること、またはロジック・ルールで生成されたことを示すことをお薦めします。ロジック勘定科目は、ターゲット勘定科目にマップされている場合、ターゲット・アプリケーションにロードできます。

説明

「説明」フィールドに入力する説明は、ワークベンチの「勘定科目の説明」フィールドに表示されます。

条件タイプと条件値

「条件タイプ」フィールドの演算子は、「条件値」フィールドで指定されるソース勘定科目と連動して、どのソース勘定科目からロジック勘定科目が派生しているかを判別します。1つのロジック勘定科目が複数のソース勘定科目から派生している場合もあります。

タイプ・フィールドの有効な値:

  • 範囲

  • 類似

  • 含む

ソース勘定科目の指定

範囲(条件タイプ) - ソース勘定科目の範囲を「条件値」フィールドで指定するときに使用します。範囲を指定する勘定科目をカンマで区切ります。

表3-19 「範囲」タイプ・フィールドと、対応する「条件値」フィールドの値の例。

「タイプ」フィールド 「条件値」フィールド

範囲

1000,1999

類似(条件タイプ) - 「条件値」フィールドのソース勘定科目にワイルドカード文字を含めるときに使用します。疑問符(?)をプレースホルダとして使用し、間に入る文字を示すにはアスタリスク(*)を使用します。

表3-20 「類似」タイプと例

「タイプ」フィールド 「条件値」フィールド

類似

1??0

類似

10*

含む(条件タイプ) - 1つのソース勘定科目または不連続のソース勘定科目のリストを含めるときに使用します。

表3-21 「含む」タイプと例

「タイプ」フィールド 「条件値」フィールド

含む

1000

含む

1000,1005,2001