Smart Viewへのエクスポート

Oracle Smart View for Officeでは次のエクスポート・オプションを使用できます:

  • 現在のデータ・オブジェクトの現在のページをイメージとしてWord、PowerPointまたはExcelにエクスポート。挿入後、対応するWebアプリケーションに再度クエリーして、イメージをリフレッシュできます。

  • ドキュメントをクエリー準備HTMLまたはフォーマット済HTMLとしてMicrosoft Excelにエクスポート。

    コンテンツを問合せ対応HTMLとしてエクスポートすると、現在のデータ・オブジェクトの現在のページがHTMLに変換され、Oracle固有のフォーマットが除去されます。非表示の行および列を含むすべてのデータ行および列が含まれ、Oracle Smart View for Office (Windows)でアドホック問合せ書式が有効になります。また、Financial Reportingの式およびテキスト行と列は含まれません。これにより、Smart ViewではWebアプリケーションに依存せずにデータ・ソースを問い合せることができます。

    コンテンツをHTMLフォーマットでエクスポートする場合は、現在のデータ・オブジェクトの現在のページは、Oracleのフォーマット定義と計算済メンバーと一緒にHTMLに変換されます。このフォーマット・コンテンツにより、Smart Viewはデータ・ソースを直接問い合せることができなくなりますが、OfficeアプリケーションでOracleコンテンツを活用できるようになります。

すべてのデータ・ソースおよびWebアプリケーションによってすべてのエクスポート・オプションがサポートされているわけではありません。次の表に、Smart Viewのエクスポート・オプションを示します。

表2-6 Smart Viewエクスポート・オプション

Webアプリケーション Microsoft WordとPowerPointへのイメージのエクスポート フォーマット済HTMLをExcelへエクスポート クエリー準備HTMLをExcelへエクスポート

Planning

はい

はい

はい

Financial Reporting

はい

はい

はい

Excelのワークシートでは、読取り専用セルにデータを入力できないため、オートSUMやF9などのExcel機能といくつかのフォーマット機能がSmart Viewで使用できません。