バースト出力ラベルの指定

バースト出力レポート名およびサブフォルダ名を指定するには:

  1. エクスプローラ・リポジトリで、「ナビゲート」「スケジュール」「バッチ・スケジューラ」の順に選択します。
  2. 「バッチのスケジュール設定」画面の「バースト出力ラベル」領域で、オブジェクト・ラベルおよびサブフォルダ・ラベルを定義します。

「オブジェクト・ラベル」および「サブフォルダ・ラベル」フィールドには、レポートとサブフォルダ名の識別を可能にする2つのデフォルト・テキスト関数が表示されます。「関数」アイコンをクリックして追加テキスト関数を選択します。「テスト」アイコンをクリックして関数をテストします。

例7-1 バースト・レポートに使用可能な関数

  • <<MemberName()>> - バースト・メンバーの名前を戻します。この関数にはパラメータはありません。

  • <<MemberAlias()>> - バースト・メンバーの別名を戻します。この関数にはパラメータはありません。

  • <<MemberDescription()>> - バースト・メンバーの説明を戻します。この関数にはパラメータはありません。

  • <<BatchPovMember( "DataSrcName" ," DimName ")>> - バースト・メンバーのPOVメンバーの名前を戻します。ここで、 DataSrcName は希望POV (バッチは2つ以上のPOVを指すことが可能)のデータ・ソースの名前で、 DimName はそのメンバー名を抽出する所定POV下のディメンションの名前です。

  • <<BatchPovAlias( "DataSrcName","DimName" )>> - バースト・レポートのPOVメンバーの別名を戻します。ここで、 DataSrcName は希望POV (バッチは2つ以上のPOVを指定可能)のデータ・ソースの名前で、 DimName はそのメンバー別名を抽出する所定POVの下のディメンションの名前です。

  • <<BatchPovDescription ( "DataSrcName" , "DimName" )>> - バースト・レポートPOVメンバーの説明を戻します。ここで、 DataSrcName は希望POV(バッチは2つ以上のPOVを指定可能)のデータ・ソースの名前で、 DimName はそのメンバー説明を抽出する所定POVの下のディメンションの名前です。

  • <<FinancialReportingObjectName()>> - バーストFinancial Reportingオブジェクトの名前を戻します。これは通常レポート名です。この関数にはパラメータはありません。

  • <<Financial ReportingObjectDescription()>> - バーストFinancial Reportingオブジェクトの説明を戻します。これは通常レポート名です。この関数にはパラメータはありません。

  • <<Date(" format ")>> - オンライン・レポートにデータが記入された日付と時刻、あるいは、スナップショット・レポートを保存したときの日付と時刻を戻します。ここで、 format は日付と時刻のフォーマットを定義する、引用符に囲まれた文字列です。

注:

POV関連の関数(BatchPovMember、BatchPovAliasおよびBatchPovDescription)を追加するときは、パラメータ値を二重引用符で囲みます。例: <<BatchPovDescription("Planning sample basic on ProdServer1","Product">>。ここで、"Planning sample basic on ProdServer1"はデータ・ソース名で、"Product"はディメンション名です。