MemberProperty

注:

MemberPropertyは、Planning詳細データベース接続およびEssbaseデータベース接続で使用できます。

MemberPropertyは、テキスト関数です。使用される構文に基づき、行、列、ページまたは視点(POV)内のディメンションのメンバーのプロパティ値を戻します。この関数を使用すると、テキスト行またはテキスト列のメンバーのプロパティを表示できます。

  • 次の構文は、行見出し、列見出しまたはページのメンバーのプロパティを戻します。構文は、任意の見出しセル、テキスト・セル、またはテキスト・ボックス・オブジェクトからデプロイでき、現在のレポートのすべてのグリッドを参照できます。

    <<MemberProperty( "GridName", Row/Col/Page, DimName, Property)>>

  • 次の構文は、行見出し、列見出しまたはページ内のメンバーのプロパティを戻します。この構文は、カスタム見出しとして指定されているグリッド内の任意の行見出し、列見出し、ページ見出しからデプロイできます。カスタム見出しを指定するには、ページ、行見出しまたは列見出しをクリックし、プロパティ・シートで「カスタム見出し」を選択します。カスタム見出しの下にあるスペースに関数を追加できます。

    <<MemberProperty("DimName", Property)>>

  • 次の構文は、グリッドまたはユーザーのPOVのメンバー・プロパティを戻します。この構文は、任意のテキスト・セルおよびテキスト・ボックス・オブジェクトからデプロイでき、現在のレポート内のすべてのグリッドおよび該当するPOVを参照できます。

    <<MemberProperty("GridName", POV DimName, Property)>>

引数 説明
GridName グリッドの名前。
Row/Col/Page 行のID(数値)、列のID(英字)、またはページのID(数値)。
POV DimName グリッドまたはユーザーPOVのディメンションの名前。
Property 任意のカスタム・プロパティ(属性ディメンション)。

例:

Grid1、列Aの製品ディメンションに割り当てられたメンバーのプロパティを戻します。

<<MemberProperty("Grid1", A, Product,Pkg Type)>>

<<MemberProperty(current, A, Product, Pkg Type)>>

市場ディメンションのメンバーのプロパティを戻します。構文は、グリッドのカスタム見出しに配置されます。

<<MemberProperty("Market", Population)>>

<<MemberProperty(current, Population)>>

Grid1に関連するPOVの市場ディメンションのメンバーのプロパティを戻します。

<< MemberProperty("Grid1", Market, CurrencyCategory) >>

<< MemberProperty(current, Market, CurrencyCategory )>>

カスタム見出し内の製品のメンバーの別名プロパティとオンス・プロパティを取得します。(これを行うには、見出しを選択してから、行見出しのプロパティ・シートで「カスタム見出し」オプションを選択し、「関数」をクリックします。)

<<MemberAlias(current, current, Product)>>:
<<MemberProperty(current, current, Product, Ounces)>>

レポートには、次のように出力されます。


このイメージは、MemberProperty関数を使用したレポート出力を示しています。

注:

MemberPropertyは、グリッド・セルで使用される場合のみCurrentキーワードをサポートします。テキスト・ボックス・オブジェクト、ヘッダーまたはフッターではサポートしません。テキスト関数でのCurrent/Curキーワードの使用を参照してください。