MemberName

MemberNameは、テキスト関数です。使用される構文に基づいて、行、列、ページまたは視点(POV)のディメンションに割り当てられたメンバーの名前を戻します。

  • 次の構文は、行見出し、列見出しまたはページの名前を戻します。構文は、任意の見出しセル、テキスト・セル、またはテキスト・ボックス・オブジェクトからデプロイでき、現在のレポートのすべてのグリッドを参照できます。

    <<MemberName("GridName", Row/Col/Page, "DimName")>>

  • 次の構文は、行見出し、列見出しまたはページにある名前を戻します。この構文は、カスタム見出しとして指定されているグリッド内の任意の行見出し、列見出し、ページ見出しからデプロイできます。カスタム見出しを指定するには、ページ、行見出しまたは列見出しをクリックし、プロパティ・シートで「カスタム見出し」を選択します。カスタム見出しの下にあるスペースに関数を追加できます。

    <<MemberName( "DimName")>>

  • 次の構文は、グリッドまたはユーザーのPOVの名前を戻します。この構文は、任意のテキスト・セルおよびテキスト・ボックス・オブジェクトからデプロイでき、現在のレポート内のすべてのグリッドおよび該当するPOVを参照できます。

    <<MemberName( "GridName", "POV DimName")>>

引数 説明
GridName グリッドの名前。
Row/Col/Page 行のID(数値)、列のID(英字)、またはページのID(数値)。
DimName グリッドの行、列またはページ内のディメンションの名前。
POV DimName グリッドまたはユーザーPOVのディメンションの名前。

例:

Grid1、列Aの製品ディメンションに割り当てられた名前を戻します。

<<MemberName("Grid1", A, "Product")>>

<<MemberName(current, A, "Product")>>

年ディメンションの名前を戻します。構文は、グリッドのカスタム見出しに配置されます。

<<MemberName("Year")>>

Grid1に関連するPOVのシナリオ・ディメンションの名前を戻します。

<<MemberName("Grid1", "Scenario")>>

<<MemberName(current, "Scenario")>>

注:

MemberNameは、ページ・ディメンション・パラメータを指定する際に、グリッド・セルまたはテキスト・ボックス・オブジェクトで使用された場合は、Currentキーワードのみをサポートします。その他のパラメータ(グリッド、行、列)はテキスト・ボックス・オブジェクト、ヘッダー、フッターではサポートされません。テキスト関数でのCurrent/Curキーワードの使用を参照してください。

注:

行または列の一部ではないセルでMemberNameを使用すると、ページ・ディメンションで参照されたときに更新しません。