参照プロパティ引数

参照プロパティ引数は、式の参照結果の処理方法を指定します。この引数は、他のプロパティとともに使用します。

参照プロパティ引数には、IfNonNumber/IFFNがあります。

IfNonNumberは、#Missing値および#Error値のかわりに使用する特定の数値を指定します。

構文は、次のとおりです。

AXIS[segment(range)].IfNonNumber(arg).AggregateProperty
         

表-8 引数のコンポーネント

引数 説明
AXIS (オプション) row、columnまたはcellのキーワード。
Segment(range) 行番号または列の文字などの軸の参照。
IfNonNumber AxisRef内でのデータがない場合やエラーの場合の処理方法。
(arg) AxisRef内での欠落データやエラー・データのかわりに使用する数値。
AggregateProperty (オプション)集約セグメントで使用される集約関数。集約プロパティ引数を参照してください。

例:

cell[1,A] = 3およびcell[1,B] = #Missingの場合、

次の式は#Errorを戻します。

  cell[1,A] / cell[1,B] 

次の式は、cell[1,B]を1に置換し、3を戻します。

  cell[1,A] / cell[1,B].ifNonnumber(1)

注:

グリッドの#Missing#Errorのセルを抑制している場合にグリッドの行や列にIfNonNumberプロパティを含む式がある場合は、#Missing#Errorは抑制されたままになります。