Round

Roundは、指定された桁数で数値を切り上げまたは切り下げる算術関数です。

構文:

Round (arg1,integer)

ここで、 arg1 は次の1つまたは複数の値です。

引数 説明

数値

数値。たとえば、Round(81.3987,3)は、値81.399を戻します。

数値には、小数と負数も使用できます。数値引数を参照してください。

行、列またはセルの参照

グリッド内の行、列またはセルへのポインタ。

参照の指定にはいくつかの方法があります。参照構文は、 GridName.GridElement[segment(range)].property です。行、列またはセルの参照引数を参照してください。

関数

埋込み関数。

算術関数を参照してください。

Integer は、数値を丸める桁数を指定します。

  • integer がゼロより大きい場合、小数点以下の指定した桁数に丸められます。

  • integer がゼロの場合は、最も近い整数に丸められます。

  • integer がゼロより小さい場合は、小数点より左側の桁数に丸められます。

例:

小数点以下3桁に丸めます。

Round(3594.5567,3)=3594.557

最も近い整数に丸めます。

Round(3594.5567,0)=3595

千単位に丸めます(スケーリングとも呼ばれます):

Round(3594.5567,-3)=4000