Same As関数の参照の設定

Same As関数の参照を使用すると、別の行または列からメンバーを選択できます。Same As関数の参照には、次のような特徴があります。

  • Same As関数で参照するメンバーは、レポート内で常に同じディメンション、同じタイプのデータベース接続、同じグリッドにあるメンバーになります。

  • Same As関数で参照するメンバーは、グリッドの行または列のメンバー選択に対してのみ使用可能です。Same As関数は、次のメンバー選択として使用できません。

    • ページ軸

    • グリッドのPOV

    • ユーザーのPOV

    • ブックのPOV

    • バッチのPOV

    • プロンプトのデフォルト・メンバー選択

    • プロンプトへの応答

    • Member関数のメンバー・パラメータ(範囲など)

    • ブック・エディタで使用するメンバー選択

  • Same As関数は、プロンプトや現在のPOVにメンバー選択を取得する行や列を参照できます。

  • Same As関数は、他のSame As関数の参照先を参照できません。

  • Same As関数は、行と列のテンプレートで使用することはできません。

  • Same As関数は、必ず単独で使用します。別のメンバー選択と組み合せることはできません。

Same As関数の参照を設定するには:

  1. レポートを開き、グリッドを選択します。
  2. ディメンション・セルをダブルクリックします。
  3. 「メンバーの選択」ダイアログ・ボックスの「メンバー」タブで、 列名または行名 と同じ」を選択し、「選択した項目に追加」ボタンをクリックして、グリッド内で選択されている領域に列または行を追加します。
  4. 「OK」をクリックします。