Truncate/Truc

Truncateは、指定した桁で数値を除去する算術関数です。

構文:

Trunc(arg1,integer)

ここで、arg1は次のいずれかです。

引数 説明

数値

数値。たとえば、234.567。

数値引数を参照してください。

行、列またはセルの参照

グリッド内の行、列またはセルへのポインタ。

参照の指定にはいくつかの方法があります。参照構文は、 GridName.GridElement[segment(range)].property です。行、列またはセルの参照引数を参照してください。

関数

埋込み関数。

算術関数を参照してください。

Integer は、除去する桁数を指定します。

  • 正の integer は、小数点の右側の桁数を決定します。

  • integer にゼロ(0)を指定すると、小数点の左側にある整数を戻します。

  • 負の integer は、小数点の左側の桁数を示します。

例:

次の文では、正の整数2を指定しています。小数点以下2桁で除去されます。

Trunc(234.567, 2) = 234.56

次の文ではゼロ(0)を整数値として指定しています。小数点以下の数字はすべて除去されます。

Trunc(234.567, 0) = 234

次の文では、負の整数-2を指定しています。小数点以下と、整数の2桁まで除去されます。

Trunc(234.567, -2) = 200

注:

セル、列または行に事前に適用されているフォーマットは、Trunc関数を使用した場合でも維持されます。たとえば、事前に小数点以下3桁まで表示するようにフォーマットされているセルでTrunc関数を使用すると、Trunc(234.567, 0) = 234.000のようになります