資本の構成

資本の機能を有効化した後で次の構成タスクを実行します。

  1. ホームページで「アプリケーション」「アプリケーション」アイコンをクリックし、「構成」「構成」アイコンをクリックします。
  2. 「構成」リストで「資本」を選択します。
  3. 必須のタスクをすべて実行します。ビジネスで必要なオプションのタスクを実行します。「フィルタ」を使用して、構成アクションのステータスを確認します。「アクション」 アクションを使用して、タスクのステータスを更新します。
    提供されるメンバーから資産クラス(および無形資産が有効な場合は無形資産)を追加するか、ファイルからそれらをインポートする必要があります。これはダッシュボードとフォームをロードするために必要です。
    インポート・ファイルのフォーマットの詳細は、データのインポートを参照してください。
  4. 構成した後、および構成の変更やメタデータのインポートを行ったときは常に、データベースをリフレッシュします。「構成」ページで、「アクション」メニューから「データベースのリフレッシュ」を選択します。「作成」をクリックしてから「データベースのリフレッシュ」をクリックします。

表8-3 資本の構成

構成 説明
エンティティ

エンティティをインポートします。

部署、コスト・センター、事業部門など、ビジネス階層を反映する「エンティティ」ディメンション・メンバーをインポートします。

メンバーを含むファイルの場所(「ローカル」または「プランニング受信ボックス」)を選択し、「参照」をクリックしてファイルを探し、ファイルの種類を指定して「インポート」をクリックします。

注:

エンティティはモジュール間で共通のため、すべてのエンティティをまとめてインポートします。

資産

資産クラスを設定します。

有形資産クラス・メンバーを追加またはインポートします。資産クラスの定義済リストから選択するか、独自のカスタム資産クラスを追加できます。資産クラス・ディメンションは、企業が所有する資産のカテゴリを詳述します。

勘定科目とドライバの追加および管理を参照してください。

無形資産

無形資産を設定します。

無形資産クラス・メンバーを追加またはインポートします。資産クラスの定義済リストから選択するか、「スマート・リスト」から追加するか、独自のカスタム資産クラスを追加できます。資産クラス・ディメンションは、企業が所有する資産のカテゴリを詳述します。

勘定科目とドライバの追加および管理を参照してください。

費用

定義済アーティファクトを選択して、管理する費用勘定科目を構成します。

資本の費用勘定科目は削除できますが、追加またはインポートすることはできません。

勘定科目とドライバの追加および管理を参照してください。

資産の詳細

資産の詳細をインポートします。

「資産詳細」ディメンションに資産の詳細をインポートします。これは、要件に応じて個々の資産または資産のグループとして資産詳細の追跡に使用されます。資産は、新規所有、既存所有、新規リースまたは既存リースになります。

詳細は、データのインポートを参照してください。

プランニングと予測の準備

プランの時間枠および粒度を設定します。

プランニングおよび予測の時間枠、開始期間および粒度のレベルを構成します。年ごとに異なる基準でプランニングおよび予測できます。

資本プランニングと予測の準備を参照してください。

費用およびキャッシュ・フローの仮定

有形資産費用、減価償却および償却の仮定、および資金調達仮定を設定します。有形資産の費用計算のドライバとして使用されます。

事前定義済費用仮定は削除することしかできません。新たに追加またはインポートすることはできません。

勘定科目とドライバの追加および管理を参照してください。

無形資産の仮定

減価償却の方法と規則、耐用年数、キャッシュ・フローおよび資金調達の仮定を設定します。無形資産の費用計算のドライバとして使用されます。

事前定義済費用仮定は削除することしかできません。新たに追加またはインポートすることはできません。

勘定科目とドライバの追加および管理を参照してください。

グローバル仮定

為替レートを設定します。

複数通貨アプリケーションの外国為替レートを入力します。グローバル仮定の設定: 為替レートを参照してください。

資本勘定科目の財務へのマップ

資本の資産勘定科目を財務の勘定科目にマップして、資本の詳細資産から財務の勘定科目レベルへのデータの統合および移動を許可します。各資産勘定科目について、対応する財務勘定科目を「スマート・リスト」で選択します。

水平タブを選択して、「有形資産」、「無形資産」および「リース資産」の資産をマップします。

財務が有効化されている場合のみ使用できます。

<customName Dimension>のインポート

<customName Dimension>をインポートします。

<customName Dimension>ディメンションに移入するメンバーをインポートします。有効なカスタム・ディメンションがある場合に使用します。