カスタム・ディメンションについて

アプリケーションには、勘定科目およびエンティティの2つのカスタム・ディメンションが含まれています。これらのディメンションの名前を編集し、最大13のユーザー定義のディメンションを作成できます。

注意:

カスタム・ディメンションは、一度作成すると削除できません。

勘定科目およびユーザー定義のディメンションは、ユーザーから収集するデータを指定するために使用します。エンティティは、組織内のプランニング情報のフローをモデリングして、プランのレビュー・パスを確立するために使用します。