データ型と為替レート・タイプ

データ型と為替レート・タイプで、勘定科目メンバーにどのように値が保管され、為替レートが計算値にどのように使われるかが次のように判別されます。勘定科目メンバーの値の使用可能なデータ・タイプ:

  • 通貨 - デフォルト通貨で保管および表示

  • 通貨以外-数値として保管および表示。

  • パーセンテージ - 数値を保管およびパーセントとして表示

  • 日付 - 日付として表示

  • テキスト-テキストとして表示。

複数通貨アプリケーションでは、通貨データ型の勘定科目で使用可能な為替レート・タイプは次のとおりです(どの期間にも有効)。

  • 平均-平均為替レート

  • 期末-期末為替レート

  • 履歴 - 為替レートは、たとえば、利益剰余金勘定科目に対して利益が入ったか、固定資産勘定科目に対して資産が購入されたときに有効です。

簡易複数通貨アプリケーションでは、通貨データ型の勘定科目で使用可能な為替レート・タイプは次のとおりです(どの期間にも有効)。

  • FXレート-平均

  • FXレート-期末