EPM Standard Cloud Serviceアプリケーションの作成

ランディング・ページは、アプリケーションを作成したり、開始に役立つ概要ビデオ・ツアーを表示するための開始点です。
EPM Standard Cloud Serviceのランディング・ページ

EPM Standard Cloud Serviceの各サブスクリプションに対して1つのアプリケーションを作成できます。

アプリケーションを作成するための選択について

EPM Standard Cloud Serviceのランディング・ページには、作成できるアプリケーションが表示されます。

注:

アプリケーションの作成を開始した後、ランディング・ページには戻れません。ランディング・ページに戻って異なるアプリケーションを作成する場合は、最初に環境を当初の状態にリセットする必要があります。 Oracle Enterprise Performance Management Cloud管理者スタート・ガイド異なるビジネス・プロセスへの切替えを参照してください。

アプリケーションを作成するための2つのオプションがあります。

  • 独自の設定を選択したアプリケーションの作成

  • 既存のスナップショットを使用したアプリケーションの作成

これらのオプションは、次の図のようなアプリケーション固有のランディング・ページに表示されます:
典型的なアプリケーション固有のランディング・ページ

Planningアプリケーションの作成

ランディング・ページで「Planning」選択をクリックし、Planningアプリケーションの作成に使用可能なオプションを表示します。

注:

アプリケーションには、1つのカスタム入力キューブと1つのレポート・キューブのみを使用できます。