2.0ダッシュボードのグローバルPOVとローカルPOVについて

フォームのローカルPOVには、フォーム設計者がそのフォームについて選択したディメンション・メンバーが反映されます。ダッシュボードではグローバルPOVバーもサポートされており、各オブジェクトで繰り返されないように、共通するローカルPOVはグローバルPOVバーに組み込まれます。

ダッシュボード2.0のPOVの例

次の2.0ダッシュボードには、グローバルPOVバー(「エンティティ」、「製品」および「年」を示す)とローカルPOV (Q2のドロップダウン・リスト)が表示されています。


グローバルPOVとローカルPOVがある2.0ダッシュボードのスクリーンショット

グローバルPOVバーがある場合、グローバルPOVバーでページを変更し、POVバー : 自動適用を有効にすると、フォームに基づいたダッシュボード内のすべてのオブジェクトについてページが変更されます。グローバルPOVバーはダッシュボードの最上部に、すべてのオブジェクトより上に表示されるのに対して、ローカルPOVバーはオブジェクト内に表示されます。ユーザー変数は、ダッシュボードのグローバルPOVとローカルPOVの両方でサポートされています。

ダッシュボード・ツールバーの「アクション」メニュー(ランタイム・モードと編集モードの両方)では、ディメンション・ラベルをグローバルPOVで非表示にするかどうか(POVバー : ディメンション・ラベルの非表示)、および変更の自動適用を有効にするか無効にするか(POVバー : 自動適用)を設定できます。

POVバー : 自動適用オプションの選択を解除すると、「適用」ボタンと「リセット」ボタンがPOVに表示され、変更を手動で適用またはクリアできます。


ダッシュボード2.0のPOVバーの手動適用および手動リセット・オプション

グローバルPOVバーについて:

  • POVバーは、ローカルPOVディメンション、ページ・ディメンションおよびユーザー変数で構成されます。
  • ダッシュボード上の各フォームのローカルPOVおよびページに応じて、グローバルPOVバーが自動的に計算されます。
  • それらは、そのダッシュボードでフォームを使用している他のオブジェクトに反映されます。つまり、それらは、ダッシュボード内のフォーム、フォームにリンクされたチャート、およびデータ・ソースとしてフォームを使用するタイルに適用されます。そのため、ダッシュボードにデータ・ソースとしてフォームが含まれていない場合は、ローカルPOVバーもグローバルPOVバーも使用できません。

次に、2つのフォームのローカルPOVディメンションに基づいて、グローバルPOVバーがどのように計算されるかの例を示します。

グローバルPOVバーが無効:

  • フォームAのローカルPOV: 年、エンティティ、製品
  • フォームBのローカルPOV: 年、エンティティ、プロジェクト

グローバルPOVバーが有効:

  • グローバルPOVバー: 年、エンティティ
  • フォームAのローカルPOV: 製品
  • フォームBのローカルPOV: プロジェクト

すべてのディメンションおよびページの選択がダッシュボード上のすべてのフォームに共通しているとはかぎらないため、ダッシュボード・オブジェクトのPOV全体がローカルPOVバーとグローバルPOVバーの間で分割されることがあります。グローバルPOVバーとローカルPOVをあわせると、ダッシュボード上の各フォームの完全な交差情報が含まれます。

データ・ソースとしてフォームを使用するオブジェクトが、ダッシュボードで1つのみである場合、フォームのPOV/ページ全体をグローバルPOVバーに移動できます。

データ・ソースとしてフォームを使用するオブジェクトがダッシュボードに複数ある場合、どのディメンションがグローバルPOVバーに移動し、どのディメンションがローカルPOVにとどまるかは次のように決まります。

  • ディメンションがすべてのフォームのPOVまたはページに含まれ、メンバーの選択がすべてのフォームで同じ場合、ディメンションはグローバルPOVバーに移動します。
  • ディメンションが1つのフォームのPOVおよび別のフォームのページに含まれる場合、ディメンションはローカルPOVバーにとどまります。
  • ディメンションがPOVに含まれる場合、そのディメンションについてすべてのフォームで同じメンバーが選択されている必要があります。
  • ディメンションがページ・ディメンションである場合、選択されたページ・メンバーがすべてのフォームで同じであり、同じ順序で表示される必要があります。

ダッシュボード2.0のPOVバーの考慮事項

ダッシュボード2.0のPOVバーを使用する場合は、次の点を考慮します:

  • POVバーのページのドロップダウン・リストで、ページのドロップダウンに表示するメンバーの数は、「ページ・オプション」「ユーザー・プリファレンス」で制御できます。(ホーム・ページから「ツール」「ユーザー・プリファレンス」「表示」の順にクリックして「ページ・オプション」を表示します。)ページのドロップダウン内のアイテム数がこの制限を超えた場合、ユーザーはそれらを表示できません。これは、今後のリリースで、ダッシュボード1.0のように残りのメンバーを参照するためのメンバー・セレクタの機能を使用して修正される予定であることに注意してください。

  • POVバーの有効な組合せはまだサポートされていません。これは、今後のリリースで修正される予定で、ダッシュボード1.0と似た動作になると予想されます。

  • POVバーの動的ユーザー変数で、変数とその値はPOVバーに表示されますが、それらはフォーム内に含まれているため、POVバーから直接変更することはできません。これらは、ユーザー・プリファレンスで変更する必要があります。これも、今後のリリースで修正される予定です。