集約プロパティ引数

集約行、集約列、集約セルは、それぞれ複数の行、列、セルを含んでいます。

集約プロパティ引数は、次の算術関数の構文の最後にある引数です。

FunctionName(GridName.Gridelement[segment(range)].property)
         

次の集約プロパティを行、列またはセルの参照に適用します。

表B-4 集約プロパティ

プロパティ 説明

Average

行、列またはセルの平均を戻します。計算には、#MISSING値および#ERROR値は含まれません。

AverageA

行、列またはセルの平均を戻します。計算には、#MISSING値および#ERROR値が含まれます。

Count

行、列またはセル内の値の数を戻します。計算には、#MISSING値および#ERROR値は含まれません。

CountA

行、列またはセル内の値の数を戻します。計算では、#MISSING値と#ERROR値をゼロ(0)として処理します。

Max

行、列またはセルの最大値を戻します

Min

行、列またはセルの最小値を戻します

Product

行または列の積を戻します

Sum

行、列またはセルの合計を戻します

算術関数引数として使用される場合は、プロパティのデフォルトはその関数と同じになります。次の例では、デフォルトのプロパティはAverageです。

Average(row[2])

算術関数引数として使用されない場合は、プロパティのデフォルトはsumになります。次の例では、デフォルトのプロパティは集約行のsumです。

row[2]