式の行と列を使用したフォームの設計

式の行と列には、グリッド・メンバーに対して算術計算を実行する式が含まれます。たとえば、特定の列内の値にランクを付けたり、2つの行間の差異を計算できます。式は、グリッド参照、算術演算子および算術関数で構成されます。既存の式をフォームに定義する、または割り当てる場合は、「レイアウト」タブで適切な行または列を選択し、「セグメント・プロパティ」の下で選択を行います。

式の行と列の追加を参照してください。式の作成および算術関数の使用の詳細は、フォームの式関数を参照してください。