他のEPM Cloud環境への接続の作成、編集および削除

他のEPM Cloud環境への接続を作成する前に、接続するソースとターゲットの環境に対するアクセス権があることを確認してください。また、接続する他の環境のURLおよび各環境のログイン詳細(サービス管理者としてのユーザーIDとパスワードなど)も必要です。

接続を作成、編集、複製および削除するには:

  1. ソース環境にログインします。

  2. ホーム・ページで、「ツール」「接続」の順にクリックします。

  3. 次のいずれかの操作を選択します。

    • 接続を追加するには:

      1. 「接続の管理」ページで、「作成」をクリックします。

      2. 接続を作成するためのプロバイダの選択ページで、追加するターゲット環境を選択します。

      3. ターゲット環境の接続詳細を入力します。

        • 「プロバイダの変更」をクリックして、異なるターゲット環境を選択します。

        • 「接続名」に、ナビゲーション・リンクの名前(「Consolidation Application」など)を入力します。

        • リンクの説明(オプション)を入力します。

        • 「URL」に、ターゲット環境インスタンスのURL (http(s)://your-target-host-url.comなど)を入力します。ターゲット環境インスタンスにサインインする際には、通常、このURLを使用することになります。

        • 「サービス管理者」および「パスワード」を使用して、サービス管理者の資格証明を指定します。

          注:

          これらの資格証明は、ナビゲーション・リンクを定義および検証する目的でのみ使用されます。ユーザーがログインしてターゲット環境にアクセスする際には、それぞれ独自の役割およびアクセス権が適用されます。

        • 「ドメイン」フィールドに、ユーザーが入力したURLに基づいて値が自動的に入力されます。URLにドメインがない場合、「ドメイン」フィールドは空白のままになります。

      4. 「検証」をクリックします。

      5. 検証が成功したら、「保存して閉じる」をクリックします。

    • 接続を編集するには:

      1. 「接続の管理」ページで、接続の名前をクリックします。

      2. 接続詳細を編集します。

        注:

        新規サービス・タイプに接続するようにURLを編集すると、ナビゲーション・フローが破損する可能性があります。異なるサービスに接続する必要がある場合は、かわりに新しい接続を作成することをお薦めします。

      3. 「検証」をクリックします。

      4. 検証が成功したら、「保存して閉じる」をクリックします。

    • 接続を複製するには:

      1. 「接続の管理」ページの、複製する接続の横にある「アクション」列で、Elipsesアクション・アイコンをクリックします。

      2. 「複製」をクリックします。

      3. 複製した接続の名前を入力して、「OK」をクリックします。

    • 接続を削除するには:

      1. 「接続の管理」ページの、削除する接続の横にある「アクション」列で、Elipsesアクション・アイコンをクリックします。

      2. 「削除」をクリックします。

EPM Cloudソース環境に接続されたターゲット環境は、ソース環境の「ナビゲータ」「ナビゲータ」メニュー・アイコンメニューの「自分の接続」ペインにリストされます。「ナビゲータ」「ナビゲータ」メニュー・アイコンメニューの「自分の接続」ペインでは、環境間をナビゲートできます。EPM Cloud環境間のナビゲートを参照してください。

トラブルシューティングのサポートは、 Oracle Enterprise Performance Management Cloudオペレーション・ガイド環境間接続の問題の対処を参照してください。