外部Webサービスへの接続

サービス管理者はまた、外部Webサービスからのデータの読取りや外部Webサービスへの書込みのために外部Webサービスに接続できます。

この接続をGroovyスクリプトで参照または使用して、Groovyスクリプトと外部HTTP/HTTPSリソースの間の通信リンクを作成できます。この接続をGroovyスクリプトで使用できるようにする方法の詳細と例は、EPM Groovyオブジェクト・モデルのConnectionおよびHttpRequestオブジェクトのJava APIドキュメントを参照してください。

注:

「その他のWebサービス・プロバイダ」接続タイプは、Groovyルールの作成が可能なビジネス・プロセスとともに使用するためにのみ提供されています。Oracle Enterprise Performance Management Cloud、GroovyルールJava APIリファレンスを参照してください。

外部Webサービスへの接続を作成するには、接続先のWebサービスへのアクセス権があることを確認してください。また、必要に応じてWebサービスのURLとログイン詳細が必要となります。

外部Webサービスへの接続を作成するには:

  1. ソース環境にログインします。

  2. ホーム・ページで、「ツール」「接続」の順にクリックします。

  3. 「接続の管理」ページで、「作成」をクリックします。

  4. 「その他のWebサービス・プロバイダ」をクリックします。

  5. 接続の「接続名」および「説明」を入力します。

  6. ターゲット接続の「URL」を入力します。

  7. そのURLについてオプションの詳細設定オプションを入力します。

    注:

    オプションの詳細設定オプションでは、外部接続を定義するときに問合せパラメータやヘッダー・パラメータを指定できます。外部接続の詳細設定オプションの指定を参照してください。

  8. 必要に応じ、接続の「ユーザー」および「パスワード」ログイン資格証明を入力します。場合によっては、Oracle Cloudサービスに接続するときなど、ユーザー名の前に<Identity Domain>.<User Name>のようにドメイン名を付加する必要がある場合があります。

  9. 「保存して閉じる」をクリックします。