ダイレクトURLを使用した接続された環境の統合

ダイレクトURLについて

Oracle ERP Cloudのような他のソース・システムに、接続されたOracle Enterprise Performance Management Cloud環境内のカード、タブおよびサブタブに含まれているアーティファクトに直接リンクするURLを埋め込むことができます。

Oracle ERP Cloudのような他のCloud環境では、ダイレクトURLリンクを使用して、フォーム、ダッシュボード、インフォレットなど、接続されたEPM Cloudのコンテンツを開きます。EPM Cloudと他のシステムの間の統合をシームレスにするために、「URLのエクスポート」と呼ばれるエクスポート・オプションを使用して、接続されたEPM Cloudビジネス・プロセス内の各カード、タブまたはサブタブの一意のURLを提供するCSVファイルを作成できます。URLはナビゲーション・フローとクラスタ別にグループ化されるため、CSVファイル内でURLを簡単に見つけることができます。CSVファイルをテキスト・エディタまたはMicrosoft Excelで開き、関連するURLをソース・システムのページ内に埋め込んで、EPM Cloudへの起動ポイントにすることができます。

ビデオ

目標 視聴するビデオ
ダイレクト・リンクを使用して、ERP CloudやNetSuiteのような他のシステムにEPM Cloudのコンテンツを埋め込む方法を学習します。これにより、EPM Cloudのアーティファクトを他のソース・システムのページとともに表示して、目的にあわせて調整されたフォーム、グリッド、レポート、ダッシュボードなどの機能で既存のプロセスを拡張し、システムを横断してシームレスにナビゲートできます。また、非常に効率的なレッドウッド・エクスペリエンスを活用したり、カスタムのロゴやウォーターマークを適用したり、ページからビジネス・プロセス名を削除する新しい外観オプションについても学習します。 ビデオ・アイコン 概要: ダイレクト・リンクの埋込みと外観の最適化

URLのエクスポート

EPM CloudのURLをCSVファイルにエクスポートするには:

  1. EPM Cloud環境にログインします。
  2. ホーム・ページから、ユーザー名の横の下向き矢印をクリックします(画面の右上隅)。
  3. 「設定およびアクション」メニューで、「URLのエクスポート」をクリックし、「保存」をクリックします。

CSVファイルがローカル・マシンのデフォルトのダウンロード・フォルダに保存されます。ファイル名は、サーバーの現在の日時を使用して自動的に生成されます(例: 19_Feb_2021 13_15_38 Navigation Flow URLs.csv)。ダウンロード・フォルダ内でファイルを見つけ、テキスト・エディタまたはMicrosoft Excelで開きます。

エクスポートしたURLファイルの表示

CSVファイルには、ビジネス・プロセス内のすべてのURLがリストされています。それぞれのカード、タブ(垂直タブ)およびサブタブ(水平タブ)に一意のURLがあります。メモ帳などのテキスト・エディタまたはMicrosoft Excelで表示すると、それぞれのカード、タブおよびサブタブの一意のURLが識別されるため、各アーティファクトのURLをより簡単に見つけることができます。URLはナビゲーション・フローとクラスタ別にグループ化されています。

Note:

カード、タブおよびサブタブにのみURLがあります。ナビゲーション・フローとクラスタにはURLはありません。

Table 6-1 ダイレクトURLエクスポート・ファイルのヘッダー

ヘッダー 説明

ナビゲーション・フロー名

ナビゲーション・フローの名前(例: Default、Financial Flow)。

ステータス

ナビゲーション・フローのステータス(例: アクティブ、非アクティブ)。

タイプ

エントリのタイプ(例: cluster、card、tab、sub tab)

名前

アーティファクトが含まれているクラスタ、カード、タブまたはサブタブの名前。アーティファクトを直接含まないクラスタまたはカードについては、このエントリは空白になります。

アーティファクト・タイプ

アーティファクトのタイプ(例: フォーム、ダッシュボード、財務レポート、URLタイプのアーティファクト)。

アーティファクト名

アーティファクトの名前。URLタイプのアーティファクトの場合はターゲット・ページのダイレクトURL。

Caution:

ダイレクトURLが表示されている場合、このURLを、接続された環境を統合するために使用する一意のURLと混同しないでください。

URL

これは、接続された環境を統合するために使用する一意のURLです。

表示可能

ナビゲーション・フロー内のアーティファクトがホーム・ページ上でユーザーまたはグループに対して表示可能であるかどうかを示します(例: Y、N)。

役割/グループ

ナビゲーション・フローを表示できる役割またはグループ。ナビゲーション・フローが「グローバル」である場合、すべてのユーザーがそれを表示できます。

説明

ナビゲーション・フローの説明(指定されている場合)。

URLエクスポート・ファイルでは、情報が縦棒つまりパイプ( | )区切り文字で区切られて提供されます。メモ帳に表示された次のダイレクトURLエクスポート・ファイルの例を参照してください:

テキスト・エディタに表示されたダイレクトURLエクスポート・ファイルの例

URLエクスポート・ファイルをMicrosoft Excelに表示するには:

  1. Excelを開き、「データ」メニューをクリックします。
  2. 「新しいクエリ」「ファイルから」の順にクリックし、「CSV から」をクリックします。
  3. エクスポートしたCSVファイルを探して選択し、「インポート」をクリックします。新しいウィンドウにCSVファイルのデータが表示されます。
  4. CSVファイルの最初の行をヘッダー行にするには、「編集」をクリックし、「先頭の行を見出しとして使用」をクリックして、「閉じて読み込む」をクリックします。

結果のExcelファイルは次の例のようになります:

Microsoft Excelに表示されたダイレクトURLエクスポート・ファイルの例

接続された他の環境に統合するカード、タブまたはサブタブの一意のURL (「URL」列にあるもの)を探してコピーします。URLターゲットのみが開き、ターゲットであるアーティファクトに対するアクセス権を持つユーザーは、ターゲット・ビジネス・プロセス内で作業している場合と同じアクションを実行できます。