数値引数

数値引数の構文は次のとおりです:

            (numeral1, numeral2,...numeraln) 
         

ここで、数値1からnは、小数および負数を含む任意の数字です。たとえば、Average(10,20,30)は、値20を戻します。