承認ユニット階層のメンバーの選択

承認ユニット階層のメンバーを選択するには:

  1. 次のいずれかの操作を実行します。
    • 「承認ディメンション」から「次」をクリックするか、「プライマリおよびサブ階層の選択」を選択して、承認ユニット階層の定義を続行します。

    • 「ナビゲータ」アイコン「ナビゲータ」アイコンをクリックし、「ワークフロー」で、「承認ユニット」をクリックします。承認ユニット階層を選択し、「編集」アイコン「プライマリおよびサブ階層の選択」の順に選択してメンバーを編集します。

    注:

    • 承認ユニット階層メンバーの選択中ならどの時点でも、「デフォルトの階層にリセット」をクリックして、承認ユニット階層を「承認ディメンション」ページで定義したデフォルトのメンバーシップにリセットできます。

    • 共有メンバーは承認ユニット階層内に表示されません。

  2. 承認ユニット階層を表示する方法を定義します。
    • すべてのエンティティ-可能性があるすべての承認ユニットを表示します

    • 承認ユニット-使用可能になっている承認ユニットのみを表示します

    • 検索-名前別名または両方で承認ユニットを検索します。

      「検索」に名前の一部またはすべてを入力してエンティティを検索してから、承認ユニット階層内で「上方向に検索」アイコンまたは「下方向に検索」アイコンをクリックします。

    • 複数ページの承認ユニット階層内でページ間を移動するには、「ページ」にページ番号を入力して「実行」をクリックするか、「開始」(最初のページ)、「前へ」(前のページ)、「次」または「終了」(最後のページ)をクリックします。

  3. オプション: 承認プロセスの対象としてのデフォルト設定に含まれない承認ユニットの場合、承認ユニット名の左側にあるボックスを選択することで、この承認ユニットを承認プロセスの対象に含めることができます。
  4. オプション: 承認ユニット名を右クリックして承認プロセスのサブ階層メンバーを定義し、1つのオプションを選択します。
    • 子を含む: 承認ユニットの子を含めます。

    • メンバーを含む: 承認ユニットのみを含め、子孫は含めません。

    • すべての子孫を含む: 承認ユニットのすべての子孫を含めます。

    • 世代を含む: 承認ユニットの1つ以上の世代を含めます。プロンプトが表示された後、含める世代を指定します。

    • 子を除外: 承認ユニットの子を除外します。

    • メンバーを除外: 承認ユニットのみを除外し、子孫は除外しません。

    • すべての子孫を除外: 承認ユニットのすべての子孫を除外します。

    • 世代を除外: 承認ユニットの世代を除外します。プロンプトが表示された後、除外する世代を指定します。

  5. オプション: 承認プロセスの対象に含まれている承認ユニットにセカンダリ・ディメンションを追加して、粒度を上げることができます。
    1. 「ディメンション」からディメンションを選択します。
    2. 「親メンバー」で、「メンバーの選択」アイコンをクリックしてメンバー選択ウィンドウを表示し、そのディメンションの親メンバーとしてメンバーを1つ選択します。
    3. 「相対的な世代」で、含める親メンバー世代を指定します。

      世代を追加すると、この世代のすべてのメンバーが承認プロセスに追加されます。

    4. 検索条件を満たす承認ユニット階層に、新たに追加されたメンバーを自動的に含めるには、「自動組込み」を選択します。
    5. オプション: 含めるメンバーを絞り込むには、承認ユニットの「選択したメンバー」「選択したメンバー」アイコンをクリックします。メンバーを削除するには、メンバーの横にあるチェック・ボックスをクリアします。
  6. 次のいずれかの操作を実行します。
    • 「次」をクリックするか、「所有者の割当て」を選択して、承認ユニット所有者を指定します(承認ユニットの所有者と確認者の割当てを参照)。

    • 「保存」「OK」の順にクリックして、変更を保存し、承認ユニット階層を閉じます。