有効交差ルール

有効交差ルール:

  • 有効交差グループ内で定義されたディメンションと同じディメンションを使用する必要があります

  • 有効交差のみを定義します

  • 同じ有効交差グループ内の有効交差ルールは明らかな競合や重複が生じると、いずれかの有効交差ルールの条件が満たされた場合に、有効とマークされます

  • 明らかな冗長または重複を発生させる、異なる有効交差グループ内の有効交差ルールは、すべての有効交差グループの要件を満たしている場合、有効とマークされます

    したがって、有効交差グループが交差を無効とマークしている場合、他の有効交差グループがその交差を有効とマークしているかどうかにかかわらず、その交差は無効とマークされます無効なグループは有効なグループの結果を上書きします。

    注:

    有効交差を削除する場合は、他の有効交差グループが許可しているかどうかにかかわらず、このルールは異なる有効交差グループに属する必要があります。

有効な交差の例を参照してください。