数式の操作

「メンバー式」タブのテキスト・ボックスに、メンバー式内の事前定義済の数式を含めて、「検証」ボタンを使用してテストします。また、ロードすることもできます。

アウトラインに頼っているビジネス・ルールや計算スクリプトを更新することなくディメンションのアウトラインを更新できます。計算はアウトライン内で特定数よりさらに孤立します。スマート・リストは計算でオブジェクトとして使用できます。数式を使用しても、データベースのリフレッシュ時にのみ実行されるので、パフォーマンスが低下することはありません。

メンバー式で数式を使うには:

  1. 「ナビゲータ」アイコン「ナビゲータ」アイコンをクリックし、「作成および管理」で、「ディメンション」をクリックします。
  2. 操作するディメンションを選択します。
  3. メンバーを選択し、「編集」をクリックします。
  4. メンバー式を選択します。
  5. 次のフィールドのオプションを選択します:
    • キューブ

      注:

      勘定科目の式を除いて、デフォルトのキューブに入力された式は、特定のキューブに入力された別の式によって上書きされないかぎり、すべてのキューブに適用されます。

      また、勘定科目メンバーに対するデフォルトの式は、ソース・キューブについてのみEssbaseに転送され、他のキューブについては転送されません。デフォルトの式が集約ストレージ・キューブに転送されることはありません。

    • データ・ストレージ - データ・ストレージ・オプションを選択します。デフォルトは「保管」です。

      注:

      キューブ固有のデータ・ストレージ・フィールドには、「共有」または「ラベルのみ」オプションは表示されません。これは、あるキューブで別のキューブではない「共有」または「ラベルのみ」にメンバーを設定できないためです。

    • 解決順 - 式が評価される順序を指定します。0から100000の間の整数を入力します(または矢印を使用して数を増減します)。指定された解決順を持つメンバーの式は、低い解決順から高い解決順に計算されます。デフォルトは0です。

      注:

      解決順は、集約ストレージ・キューブに加えて、ハイブリッドが有効になったブロック・ストレージ・キューブにも使用できます。ブロック・ストレージ・キューブの解決順は、簡易ディメンション・エディタを使用してのみ編集可能です。「メンバー・プロパティの編集」へのアクセスを参照してください。

  6. テキスト・ボックスで、当該メンバー用の式を定義します。

    Planning数式およびEssbaseネイティブ式をメンバー式に含ませることができます。

    アプリケーションは、メンバー式で使用できる事前定義の数式を提供します。独自の数式を編集したり作成することはできません。

  7. オプション: メンバー式が有効かどうかを確認するには、「検証」をクリックします。
  8. オプション: メンバー式にエラーがある場合は、「詳細の表示」をクリックするとエラーの理由が表示されます。
  9. オプション: メンバー式の変更を保存しない場合は、「リセット」をクリックして、前のメンバー式を復元できます。
  10. 「保存」をクリックします。