ボリュームのバックアップ

ボリュームのバックアップは、ブロック・ボリュームを使用して作成できます。ボリューム・バックアップとは、ボリューム・データのポイントインタイム・スナップショットです。ボリューム・バックアップの詳細は、ブロック・ボリューム・バックアップの概要を参照してください。

ブート・ボリュームのバックアップかクローンのどちらを作成するか決定する際の参考になる情報は、ブロック・ボリュームのバックアップとクローンの違いを参照してください。

ノート

ボリューム・バックアップ・サイズは、現在のボリューム使用量より大きくすることができます。詳細は、ボリューム・バックアップ・サイズを参照してください。

必須IAMポリシー

Oracle Cloud Infrastructureを使用するには、管理者によってポリシーでセキュリティ・アクセス権が付与されている必要があります。このアクセス権は、コンソール、あるいはSDK、CLIまたはその他のツールを使用したREST APIのいずれを使用している場合でも必要です。権限がない、または認可されていないというメッセージが表示された場合は、自分がどのタイプのアクセス権を持っているか、およびどのコンパートメントで作業するかを管理者に確認してください。

管理者用: ボリューム管理者がブロック・ボリューム、バックアップおよびボリューム・グループを管理するのポリシーを使用すると、指定したグループはブロック・ボリュームおよびバックアップに関するすべての操作を実行できます。ブート・ボリューム・バックアップ管理者はバックアップのみを管理するのポリシーはさらに、アクセスをバックアップの作成と管理のみに制限します。

ヒント

ユーザーがボリュームからバックアップを作成する場合や、バックアップからボリュームをリストアする場合、ボリュームとバックアップが同じコンパートメント内に存在している必要はありません。ただし、ユーザーが両方のコンパートメントへのアクセス権を持っている必要があります。
ポリシーを初めて使用する場合は、ポリシーの開始共通ポリシーを参照してください。インスタンス、クラウド・ネットワークまたは他のCore Services APIリソースのポリシーの記述に関する参照資料については、Core Servicesの詳細を参照してください。

コンソールの使用

  1. ナビゲーション・メニューを開き、「ストレージ」をクリックします。「ブロック・ストレージ」で、「ブロック・ボリューム」をクリックします。
  2. バックアップを作成するブロック・ボリュームをクリックします。
  3. 「手動バックアップの作成」をクリックします。
  4. バックアップの名前を入力します。機密情報の入力は避けてください。

  5. バックアップ・タイプ(増分または完全)を選択します。バックアップ・タイプの詳細は、ボリューム・バックアップ・タイプを参照してください。

  6. リソースの作成権限がある場合、そのリソースにフリーフォーム・タグを適用する権限もあります。定義済のタグを適用するには、タグ・ネームスペースを使用する権限が必要です。タグ付けの詳細は、リソース・タグを参照してください。タグを適用するかどうかわからない場合は、このオプションをスキップするか(後からでもタグを適用できます)、管理者に問い合せてください。
  7. 「バックアップの作成」をクリックします。

    ボリューム・リストで対応するアイコンに「作成中」と表示されなくなったら、バックアップは完了しています。

APIの使用

ボリュームをバックアップするには、次の操作を使用します:

APIの使用およびリクエストの署名の詳細は、REST APIおよびセキュリティ資格証明を参照してください。SDKの詳細は、ソフトウェア開発キットとコマンドライン・インタフェースを参照してください。

バックアップの詳細は、ブロック・ボリューム・バックアップの概要および新しいボリュームへのバックアップのリストアを参照してください。