ポリシーベースのバックアップ

Oracle Cloud Infrastructure Block Volumeサービスを使用すると、選択したバックアップ・ポリシーに基づいて、ボリューム・バックアップおよびボリューム・グループ・バックアップをスケジュールに従って自動的に実行して保存できます。

ユーザー定義ポリシーを使用して、スケジュールされたリージョン間バックアップを有効にして、スケジュールされたボリューム・バックアップが自動的に2番目のリージョンにコピーされるようにすることもできます。リージョン間でのボリューム・バックアップ・コピーのスケジューリングを参照してください。

これらの機能により、データのコンプライアンス要件および規制要件に準拠できます。

注意

ポリシーベースのバックアップを含むブロック・ボリュームの削除

すべてのポリシーベースのバックアップは最終的に失効するため、ボリューム・バックアップを無期限に保存する場合は、手動バックアップを作成する必要があります。

ボリューム・バックアップとは、ボリューム・データのポイントインタイム・スナップショットです。ボリューム・バックアップの詳細は、ブロック・ボリューム・バックアップの概要を参照してください。

2種類のバックアップ・ポリシーがあります:

  • ユーザー定義: 自分でスケジュールを作成および構成するカスタム・バックアップ・ポリシー。
  • Oracle定義: バックアップの頻度と保持期間の設定を含む事前定義済のバックアップ・ポリシー。これらのポリシーは変更できません。
ノート

スケジュール済バックアップのタイミング

スケジュール済ボリューム・バックアップは、バックアップ・スケジュールで指定された正確な時間に開始される保証はありません。システムが過負荷になるシナリオでは、ボリューム・バックアップのスケジュール済開始時間と実際の開始時間の間に最大で数時間の遅延が発生する可能性があります。これは、ユーザー定義とOracle定義の両方のバックアップ・ポリシーに適用されます。

ユーザー定義バックアップ・ポリシー

Oracle Cloud Infrastructureでは、ユーザー定義ポリシーを使用してバックアップ・スケジュールをカスタマイズできます。これらは、自分でバックアップの頻度と保持期間を定義するバックアップ・ポリシーです。ユーザー定義バックアップ・ポリシーには、2つの部分があります。1つはバックアップ・ポリシーそのもので、もう1つはポリシー内の1つ以上のスケジュールです。

ユーザー定義バックアップ・ポリシーの使用を開始するには、まずバックアップ・ポリシーを作成する必要があります。ユーザー定義バックアップ・ポリシーを作成するにはを参照してください。このステップを終えると、空のバックアップ・ポリシーが作成されるため、次のステップではスケジュールを定義してポリシーに追加します。

スケジュール

Oracle定義バックアップ・ポリシーと同様に、ユーザー定義バックアップ・ポリシーについても、スケジュールによってバックアップの頻度と保持期間を定義します。違いは、ユーザー定義ポリシーに関連付けられたスケジュールはカスタマイズできることです。これにより、バックアップの頻度と保持期間を制御できます。

ユーザー定義バックアップ・ポリシーでスケジュールを定義する際に、最初に構成するのはスケジュール・タイプであり、ここでバックアップ頻度を指定します。Oracle Cloud Infrastructureでは、次のスケジュール・タイプが用意されています:

  • 日次: バックアップは毎日生成されます。バックアップを行う該当日の時間を指定します。
  • 週次: バックアップは毎週生成されます。バックアップを行う曜日、およびその曜日の時間を指定します。
  • 月次: バックアップは毎月生成されます。バックアップを行う該当月の日、およびその日の時間を指定します。
  • 年次: バックアップは毎年生成されます。バックアップを行う該当月、その月の該当日、およびその日の時間を指定します。
重要

ブロック・ボリュームでは、1日当たりボリューム当たり1つのスケジュール済バックアップのみが実行されます。特定の日に複数のバックアップがボリュームにスケジュールされている場合、サービスでは、次の優先度を使用してそのうち1つのみが実行されます。

  1. 年次
  2. 月次
  3. 週次
  4. 毎日

また、頻度に加えて次のものも構成します:

  • 保持時間: バックアップを保持する期間(日数、週数、月数または年数)。期間はスケジュール・タイプに基づきます。
  • バックアップ・タイプ オプションは完全または増分です。詳細は、ボリューム・バックアップ・タイプを参照してください。
  • タイムゾーン バックアップ・スケジュールに使用するタイム・ゾーン。オプションは、UTCまたはリージョナル・データ・センターのタイム・ゾーンです。

詳細は、ユーザー定義バックアップ・ポリシーにスケジュールを追加するにはを参照してください。

また、ユーザー定義ポリシーのスケジュールは、いつでも編集または除去できます。ユーザー定義バックアップ・ポリシーのスケジュールを編集するにはユーザー定義バックアップ・ポリシーのスケジュールを削除するにはを参照してください。

既存のバックアップ・ポリシーの複製

既存のバックアップ・ポリシーを複製することにより、新しいバックアップ・ポリシーを作成できます。

Oracle定義ポリシーの1つがボリューム・バックアップの要件を満たしているが、いくつか変更がある場合は、Oracle定義ポリシーを複製することにより、新しいバックアップ・ポリシーを作成できます。これにより、スケジュールがすでに割り当てられた新しいユーザー定義バックアップ・ポリシーが作成されるため、Oracle定義ポリシーの設定を起点として使用することで、時間を節約し、プロセスを簡略化できます。

また、既存のユーザー定義ポリシーを複製することもできます。詳細は、バックアップ・ポリシーを複製するにはを参照してください。その後で、新しいバックアップ・ポリシーのスケジュールを追加、編集または削除できます。

リージョン間でのボリューム・バックアップ・コピーのスケジューリング

ブロック・ボリューム・サービスを使用すると、ビジネス継続性およびディザスタ・リカバリのシナリオのために、あるリージョンから別のリージョンにボリューム・バックアップをコピーできます。詳細は、リージョン間でのブロック・ボリューム・バックアップのコピーを参照してください。ユーザー定義のポリシーを使用すると、このプロセスを自動化して、ボリューム・バックアップがスケジュールに従って別のリージョンにコピーされるようにできます。スケジュール済ボリューム・バックアップの自動コピーの有効化は、ユーザー定義ポリシーでのみサポートされているため、Oracle定義ポリシーで現在構成されているボリュームに対してこの機能を使用する必要がある場合は、ポリシーを複製してから、リージョン間コピーを有効にする必要があります。ターゲット・リージョンのボリューム・バックアップ・コピーの保持期間は、ソース・リージョンのボリューム・バックアップと同じです

注意

ボリュームのボールト暗号化キーは、リージョン間コピーに対応するスケジュール済のボリュームおよびボリューム・グループ・バックアップの場合、宛先リージョンにコピーされません。詳細は、スケジュール済のリージョン間バックアップ・コピーでボールト暗号化キーが宛先リージョンにコピーされない問題を参照してください。

ノート

毎日スケジュールされたボリューム・バックアップがターゲット・リージョンにコピーされるまでに最大24時間かかる場合があります。ターゲット・リージョンに切り替え、そのリージョンのボリューム・バックアップのリストを確認することで、ボリューム・バックアップがコピーされたことを確認できます。ボリューム・バックアップがまだコピーされていない場合は、リージョン間でのボリューム・バックアップのコピーで説明されているステップを使用して、そのボリューム・バックアップのターゲット・リージョンへの手動コピーを実行できます。

コスト

この機能を有効にすると、請求書には、ソース・リージョンと宛先リージョンの両方にボリューム・バックアップを格納するための料金が含まれます。ネットワーク・コストが増加する場合もあります。価格設定の詳細は、Oracle Cloudストレージの価格設定を参照してください。オブジェクト・ストレージの価格が、バックアップ・ストレージに適用されます。アウトバウンド・データ転送の価格が、リージョン間バックアップ・コピーによるネットワーク・コストに適用されます。

Oracle定義バックアップ・ポリシー

3つのOracle定義ポリシー(ブロンズ、シルバーおよびゴールド)があります。各バックアップ・ポリシーは、変更できないバックアップの頻度と保持期間の設定を含むスケジュールで構成されます。Oracle定義ポリシーのバックアップ・ポリシー設定が要件を満たしていない場合は、かわりにユーザー定義バックアップ・ポリシーを使用する必要があります。ユーザー定義バックアップ・ポリシーを使用して、スケジュールを定義して制御します。Oracle定義のポリシーではサポートされていない、ボリューム・バックアップの2番目のリージョンへの自動コピーを有効にすることもできます。

ノート

Oracleによって定義されたバックアップ・ポリシーは、スケジュール済ボリューム・グループ・バックアップではサポートされません。
注意

完全バックアップおよびOracle定義ポリシー

2021年11月3日現在、Oracle定義ポリシーには完全バックアップが含まれなくなりました。Oracle定義バックアップ・ポリシーからの完全バックアップの削除を参照してください。増分バックアップは、データ・リカバリを目的とした完全バックアップと機能的に同じです。一部のコンプライアンス・シナリオでは、スケジュールされた完全バックアップが必要になる場合があります。これらのコンプライアンス・シナリオの場合は、かわりにユーザー定義バックアップ・ポリシーを構成します。既存のバックアップ・ポリシーから新しいユーザー定義ポリシーを作成できます。既存のバックアップ・ポリシーの複製を参照してください。

ブロンズ・ポリシー

ブロンズ・ポリシーには、該当月の初日に実行される月次増分バックアップが含まれます。これらのバックアップは、12か月間保存されます。このポリシーには、1月の最初の部分で毎年実行される増分バックアップも含まれます。このバックアップは5年間保存されます。

シルバー・ポリシー

シルバー・ポリシーには、日曜日に実行される週次増分バックアップが含まれます。これらのバックアップは、4週間保存されます。このポリシーには、該当月の初日に実行されて12か月間保存される月次増分バックアップも含まれます。また、1月の最初の部分で毎年実行される増分バックアップも含まれます。このバックアップは5年間保存されます。

ゴールド・ポリシー

ゴールド・ポリシーには、7日間保持される日次増分バックアップと、日曜日に実行されて4週間保持される週次増分バックアップが含まれます。該当月の初日に実行されて12か月間保存される月次増分バックアップが含まれます。また、1月の最初の部分で毎年実行される増分バックアップも含まれます。このバックアップは5年間保存されます。

バックアップ・ポリシーの操作

バックアップ・ポリシーを操作する際には、2つのタイプのタスクがあります:

前述のリンク先の項では、コンソール、CLIおよびREST APIを使用したバックアップ・ポリシーの操作に関する情報が提供されています。

必須IAMポリシー

Oracle Cloud Infrastructureを使用するには、管理者によってポリシーでセキュリティ・アクセス権が付与されている必要があります。このアクセス権は、コンソール、あるいはSDK、CLIまたはその他のツールを使用したREST APIのいずれを使用している場合でも必要です。権限がない、または認可されていないというメッセージが表示された場合は、自分がどのタイプのアクセス権を持っているか、およびどのコンパートメントで作業するかを管理者に確認してください。

重要:

バックアップ・ポリシーを表示または操作するためには、事前定義済バックアップ・ポリシーが含まれているルート・コンパートメントへのアクセス権が必要です。

管理者用: ボリューム管理者がブロック・ボリューム、バックアップおよびボリューム・グループを管理するのポリシーを使用すると、指定したグループはブロック・ボリュームおよびバックアップに関するすべての操作を実行できます。ボリューム・バックアップ管理者はバックアップのみを管理するのポリシーはさらに、アクセスをバックアップの作成と管理のみに制限します。

ヒント

ユーザーがボリュームからバックアップを作成する場合や、バックアップからボリュームをリストアする場合、ボリュームとバックアップが同じコンパートメント内に存在している必要はありません。ただし、ユーザーが両方のコンパートメントへのアクセス権を持っている必要があります。
ポリシーを初めて使用する場合は、ポリシーの開始共通ポリシーを参照してください。インスタンス、クラウド・ネットワークまたは他のCore Services APIリソースのポリシーの記述に関する参照資料については、Core Servicesの詳細を参照してください。

リソースのタグ付け

リソースにタグを適用すると、ビジネス・ニーズに応じてそれらを整理しやすくなります。後で、必要なタグを使用してリソースを更新できます。タグ適用についての一般情報は、リソース・タグを参照してください。

ユーザー定義バックアップ・ポリシーの作成および構成

コンソールの使用

コンソールを使用して、ユーザー定義バックアップ・ポリシーを作成および更新できます。

ユーザー定義バックアップ・ポリシーを作成するには
  1. ナビゲーション・メニューを開き、「ストレージ」をクリックします。「ブロック・ストレージ」で、「バックアップ・ポリシー」をクリックします。
  2. 「バックアップ・ポリシーの作成」をクリックします。

  3. バックアップ・ポリシーの名前を指定します。機密情報の入力は避けてください。

  4. バックアップ・ポリシーの作成先のコンパートメントを選択します。

    バックアップ・ポリシーにコンパートメントを選択している間、それはテナンシ全体でアクセス可能になります。

  5. オプションで、指定したリージョンへのリージョン間コピーを有効にできます。これにより、各バックアップの作成後に、ボリューム・バックアップの2番目のリージョンへのコピーが自動化されます。リージョン間のコピーを有効にするには、「クロス・リージョン・コピーのターゲット」リストからターゲット・リージョンを選択します。これは、ボリューム・バックアップのコピー先のリージョンです。詳細は、リージョン間でのボリューム・バックアップ・コピーのスケジューリングを参照してください。

  6. 「バックアップ・ポリシーの作成」をクリックして、バックアップ・ポリシーを作成します。

ユーザー定義バックアップ・ポリシーにスケジュールを追加するには
  1. ナビゲーション・メニューを開き、「ストレージ」をクリックします。「ブロック・ストレージ」で、「バックアップ・ポリシー」をクリックします。
  2. スケジュールを追加するバックアップ・ポリシーをクリックします。
  3. 「スケジュールの追加」をクリックします。
  4. 「スケジュール・タイプ」オプションから「日次」「週次」「月次」または「年次」を選択してバックアップ頻度を指定し、追加のスケジュール・オプションを構成します。スケジュール・タイプに応じて、追加のスケジュール・オプションには次の1つ以上が含まれます:

    • 該当日の時間

    • 曜日

    • 該当月の日

    • 該当年の月

  5. 前のステップで選択したスケジュール・タイプに応じて、「保持時間」(日数、週数、月数または年数)を指定します。

  6. 「バックアップ・タイプ」「完全」または「増分」を選択します。

  7. スケジュール設定のベースとなる「タイムゾーン」(「UTC」または「リージョナル・データ・センター時間」)を選択します。

  8. 「スケジュールの追加」をクリックします。

ユーザー定義のバックアップ・ポリシーのリージョン間コピーを有効にするには
  1. ナビゲーション・メニューを開き、「ストレージ」をクリックします。「ブロック・ストレージ」で、「バックアップ・ポリシー」をクリックします。
  2. リージョン間コピーを有効にするバックアップ・ポリシーをクリックします。
  3. 詳細ページで、「編集」をクリックします。
  4. ボリューム・バックアップのコピー先のリージョンを「リージョン間コピー・ターゲット」で選択し、「変更の保存」をクリックします。
ユーザー定義のバックアップ・ポリシーのリージョン間コピーを有効にするには
  1. ナビゲーション・メニューを開き、「ストレージ」をクリックします。「ブロック・ストレージ」で、「バックアップ・ポリシー」をクリックします。
  2. リージョン間コピー・ターゲット・リージョンを変更するバックアップ・ポリシーをクリックします。
  3. 詳細ページで、「編集」をクリックします。
  4. ボリューム・バックアップのコピー先のリージョンを「リージョン間コピー・ターゲット」で選択し、「変更の保存」をクリックします。
ユーザー定義のバックアップ・ポリシーのリージョン間コピーを無効にするには
  1. ナビゲーション・メニューを開き、「ストレージ」をクリックします。「ブロック・ストレージ」で、「バックアップ・ポリシー」をクリックします。
  2. リージョン間コピーを無効にするバックアップ・ポリシーをクリックします。
  3. 詳細ページで、「編集」をクリックします。
  4. 「リージョン間コピー・ターゲット」「なし」を選択し、「変更の保存」をクリックします。
バックアップ・ポリシーを複製するには
  1. ナビゲーション・メニューを開き、「ストレージ」をクリックします。「ブロック・ストレージ」で、「バックアップ・ポリシー」をクリックします。
  2. 複製するバックアップ・ポリシーをクリックします。Oracle定義バックアップ・ポリシーとユーザー定義バックアップ・ポリシーのどちらも複製できます。
  3. 「複製」をクリックします。
  4. ポリシーの名前を指定します。機密情報の入力は避けてください。
  5. バックアップ・ポリシーの作成先のコンパートメントを選択します。複製するバックアップ・ポリシーと同じコンパートメントである必要はありません。
  6. オプションで、指定したリージョンへのリージョン間コピーを有効にできます。これにより、各バックアップの作成後に指定した2番目のリージョンへのボリューム・バックアップのコピーが自動化されます。詳細は、リージョン間でのボリューム・バックアップ・コピーのスケジューリングを参照してください。

  7. 「バックアップ・ポリシーの複製」をクリックします。

ユーザー定義バックアップ・ポリシーのスケジュールを編集するには
  1. ナビゲーション・メニューを開き、「ストレージ」をクリックします。「ブロック・ストレージ」で、「バックアップ・ポリシー」をクリックします。
  2. スケジュールを編集するバックアップ・ポリシーをクリックします。
  3. 「スケジュール」で、編集するスケジュールについて「アクション」アイコン(3つのドット)をクリックし、「編集」をクリックします。
  4. スケジュールに変更を加えた後、「更新」をクリックします。
ユーザー定義バックアップ・ポリシーのスケジュールを削除するには
  1. ナビゲーション・メニューを開き、「ストレージ」をクリックします。「ブロック・ストレージ」で、「バックアップ・ポリシー」をクリックします。
  2. スケジュールを削除するユーザー定義バックアップ・ポリシーをクリックします。
  3. 「スケジュール」で、削除するスケジュールについて「アクション」アイコン(3つのドット)をクリックし、「削除」をクリックします。
  4. 確認ダイアログで、「削除」をクリックします。
ユーザー定義バックアップ・ポリシーを削除するには
  1. ナビゲーション・メニューを開き、「ストレージ」をクリックします。「ブロック・ストレージ」で、「バックアップ・ポリシー」をクリックします。
  2. 削除するユーザー定義バックアップ・ポリシーをクリックします。
  3. 「削除」をクリックします。
  4. バックアップ・ポリシーの名前を入力し、「削除」をクリックします。

ユーザー定義バックアップ・ポリシーを作成するには

コマンド・プロンプトを開き、次を実行します:

oci bv volume-backup-policy create --compartment-id <compartment_ID> --schedules file//<path>/<scheduleJSON>.json

例:

oci bv volume-backup-policy create --compartment-id ocid1.compartment.oc1..<unique_ID> --schedules file//~/input.json
指定したコンパートメント内のバックアップ・ポリシーをリストするには

コマンド・プロンプトを開き、次を実行します:

oci bv volume-backup-policy list --compartment-id <compartment_ID>

例:

oci bv volume-backup-policy list --compartment-id ocid1.compartment.oc1..<unique_ID>
特定のバックアップ・ポリシーを取得するには

コマンド・プロンプトを開き、次を実行します:

oci bv volume-backup-policy get --backup-policy-id  <backup-policy-ID>

例:

oci bv volume-backup-policy get --backup-policy-id ocid1.volumebackuppolicy.oc1.phx.<unique_ID>
ユーザー定義バックアップ・ポリシーの表示名を更新するには

コマンド・プロンプトを開き、次を実行します:

oci bv volume-backup-policy update --backup-policy-id <backup-policy_ID> --display-name <backup-policy_name>

例:

oci bv volume-backup-policy update --backup-policy-id ocid1.volumebackuppolicy.oc1.phx.<unique_ID> --display-name "new display name"
ユーザー定義バックアップ・ポリシーのスケジュールを更新するには

コマンド・プロンプトを開き、次を実行します:

oci bv volume-backup-policy update --backup-policy-id <backup-policy_ID> --schedules file//<path>/<scheduleJSON>.json

例:

oci bv volume-backup-policy update --volume-group-id ocid1.volumebackuppolicy.oc1.phx.<unique_ID> --schedules file//~/input.json
ユーザー定義バックアップ・ポリシーを削除するには

コマンド・プロンプトを開き、次を実行します:

oci bv volume-backup-policy delete --backup-policy-id <backup-policy_ID>

ユーザー定義バックアップ・ポリシーは、それがどのボリュームにも割り当てられていない場合にのみ削除できます。Oracle定義バックアップ・ポリシーは削除できません。

例:

oci bv volume-backup-policy delete --backup-policy-id ocid1.volumebackuppolicy.oc1.phx.<unique_ID>

APIの使用

バックアップ・ポリシーを操作するには、次の操作を使用します:

APIの使用およびリクエストの署名の詳細は、REST APIおよびセキュリティ資格証明を参照してください。SDKの詳細は、ソフトウェア開発キットとコマンドライン・インタフェースを参照してください。

バックアップの詳細は、ブロック・ボリューム・バックアップの概要および新しいボリュームへのバックアップのリストアを参照してください。

ボリュームへのバックアップ・ポリシー割当ての管理

ボリュームが含まれているボリューム・グループにバックアップ・ポリシーが割り当てられている場合、バックアップ・ポリシーの割当てはボリューム・グループによって管理されます。このシナリオでは、割り当てられたバックアップ・ポリシーを更新するには、ボリューム・グループの割当てを変更するか、グループからボリュームを削除する必要があります。

バックアップ・ポリシーをボリュームに割り当てるには
  1. ナビゲーション・メニューを開き、「ストレージ」をクリックします。「ブロック・ストレージ」で、「ブロック・ボリューム」をクリックします。
  2. バックアップ・ポリシーを割り当てるボリュームをクリックします。
  3. 「ブロック・ボリューム情報」タブの「スケジュール済バックアップ」で、「管理者」フィールドを選択します。

コンソールの使用

コンソールを使用して、既存のボリュームに対してユーザー定義バックアップ・ポリシーとOracle定義バックアップ・ポリシーの両方の割当て、変更または除去を行うことができます。

バックアップ・ポリシーをボリュームに割り当てるには
  1. ナビゲーション・メニューを開き、「ストレージ」をクリックします。「ブロック・ストレージ」で、「ブロック・ボリューム」をクリックします。
  2. バックアップ・ポリシーを割り当てるボリュームをクリックします。
  3. 「ブロック・ボリューム情報」タブで、「編集」をクリックします。
  4. 「バックアップ・ポリシー」セクションで、バックアップ・ポリシーを含むコンパーメントを選択します。

  5. 要件に適したバックアップ・ポリシーを選択します。

  6. 「変更の保存」をクリックします。

ボリュームに割り当てられたバックアップ・ポリシーを変更するには
  1. ナビゲーション・メニューを開き、「ストレージ」をクリックします。「ブロック・ストレージ」で、「ブロック・ボリューム」をクリックします。
  2. バックアップ・ポリシーを変更するボリュームをクリックします。
  3. 「ブロック・ボリューム情報」タブで、「編集」をクリックします。
  4. 「バックアップ・ポリシー」セクションで、バックアップ・ポリシーを含むコンパーメントを選択します。

  5. 切替え先のバックアップ・ポリシーを選択します。

  6. 「変更の保存」をクリックします。

ボリュームに割り当てられたバックアップ・ポリシーを除去するには
  1. ナビゲーション・メニューを開き、「ストレージ」をクリックします。「ブロック・ストレージ」で、「ブロック・ボリューム」をクリックします。
  2. バックアップ・ポリシーを除去するボリュームをクリックします。
  3. 「ブロック・ボリューム情報」タブで、「編集」をクリックします。
  4. 「バックアップ・ポリシー」セクションで、リストから「なし」を選択し、「変更の保存」をクリックします。

バックアップ・ポリシーをボリュームに割り当てるには

コマンド・プロンプトを開き、次を実行します:

oci bv volume-backup-policy-assignment create --asset-id <volume_ID> --policy-id <policy_ID>

例:

oci bv volume-backup-policy-assignment create --asset-id ocid1.volume.oc1..<unique_ID> --policy-id ocid1.volumebackuppolicy.oc1..<unique_ID>
ボリュームに割り当てられたバックアップ・ポリシーを取得するには

コマンド・プロンプトを開き、次を実行します:

oci bv volume-backup-policy-assignment get-volume-backup-policy-asset-assignment --asset-id <volume_ID>

例:

oci bv volume-backup-policy-assignment get-volume-backup-policy-asset-assignment --asset-id ocid1.volume.oc1..<unique_ID>
特定のバックアップ・ポリシー割当てを取得するには

コマンド・プロンプトを開き、次を実行します:

oci bv volume-backup-policy-assignment get --policy-assignment-id  <backup-policy-ID>

例:

oci bv volume-backup-policy-assignment get --policy-assignment-id ocid1.volumebackuppolicyassignment.oc1.phx.<unique_ID>
バックアップ・ポリシー割当てを削除するには

コマンド・プロンプトを開き、次を実行します:

oci bv volume-backup-policy-assignment delete ----policy-assignment-id <backup-policy_ID>

ユーザー定義バックアップ・ポリシーは、それがどのボリュームにも割り当てられていない場合にのみ削除できます。Oracle定義バックアップ・ポリシーは削除できません。

例:

oci bv volume-backup-policy-assignment delete ----policy-assignment-id ocid1.volumebackuppolicyassignment.oc1.phx.<unique_ID>

APIの使用

ボリュームへのバックアップ・ポリシー割当てを管理するには、次の操作を使用します:

APIの使用およびリクエストの署名の詳細は、REST APIおよびセキュリティ資格証明を参照してください。SDKの詳細は、ソフトウェア開発キットとコマンドライン・インタフェースを参照してください。

バックアップの詳細は、ブロック・ボリューム・バックアップの概要および新しいボリュームへのバックアップのリストアを参照してください。

イベントを使用したバックアップ操作のステータスの追跡

Oracle Cloud Infrastructure Eventsを使用して、ブロック・ボリュームのバックアップ操作のステータスを追跡できます。これらのイベント・タイプのリストは、ブロック・ボリューム・バックアップ・イベント・タイプを参照してください。すべてのブロック・ボリューム・イベント・タイプには、ステータス属性が含まれます。status属性値は、バックアップ操作が成功したか失敗したかに応じて、operationFailedまたは operationSucceedのいずれかです。

ノート

コンソールでルールを作成する際に、operationFailedおよびoperationSucceed属性値をテキスト・ボックスに手動で入力する必要があります。

Create Volume Backup Endイベントのstatus属性を使用して、スケジュールされたボリューム・バックアップが失敗したときに通知する方法のウォークスルーについては、Using Events to Notifications When a Volume Backup Failedを参照してください。