インスタンスのコンソール履歴の表示

インスタンスの最新のシリアル・コンソール・データを取得して表示できます。このデータには、インスタンスの起動時に生成される構成メッセージ(カーネルやBIOSのメッセージなど)が含まれ、インスタンスのステータスのチェックや問題の診断およびトラブルシューティングに役立ちます。

コンソール履歴は、指定されたインスタンスの最新のシリアル・コンソール・データを最大1MB取得します。rawコンソール・データ(マルチバイト文字を含む)が取得されることに注意してください。

コンソール履歴はポイントインタイム・レコードです。対話型コンソール接続を使用して、正常に動作していないインスタンスをトラブルシューティングするには、シリアル・コンソール接続またはVNCコンソール接続を使用します。

必要なIAMポリシー

Oracle Cloud Infrastructureを使用するには、管理者によってポリシーでセキュリティ・アクセス権が付与されている必要があります。このアクセス権は、コンソール、あるいはSDK、CLIまたはその他のツールを使用したREST APIのいずれを使用している場合でも必要です。権限がない、または認可されていないというメッセージが表示される場合は、管理者に連絡して、どのタイプのアクセス権があり、どのコンパートメントで作業するかを確認してください。

管理者向け: ユーザーにコンピュート・インスタンスを起動させるのポリシーには、コンソールの履歴データを管理する権限が含まれます。指定されたグループがインスタンスの起動やボリュームのアタッチを必要としない場合、そのポリシーを簡素化し、manage instance-familyのみを含めて、volume-familyおよびvirtual-network-familyに関連する文を削除できます。

リソースのタグ付け

リソースにタグを適用すると、ビジネス・ニーズに応じてそれらを整理しやすくなります。リソースの作成時にタグを適用することも、後でリソースを必要なタグで更新することもできます。タグ適用についての一般情報は、リソース・タグを参照してください。

コンソール履歴データの管理

コンソール、CLIまたはAPIを使用して、コンソール履歴取得を管理できます。コンソール履歴を使用すると、リモートでインスタンスに接続しなくても、インスタンスからのシリアル出力を確認できます。この情報を使用して、インスタンス・アクセスの問題をトラブルシューティングできます。

コンソールの使用

コンソールのインスタンス詳細ページで、コンソール履歴の取得とダウンロード、メタデータ詳細の表示と編集、およびコンソール履歴取得の削除ができます。

コンソール履歴を取得するには
  1. ナビゲーション・メニューを開き、「コンピュート」をクリックします。「コンピュート」で、「インスタンス」をクリックします。
  2. 関心のあるインスタンスをクリックします。
  3. 「リソース」で、「コンソール履歴」をクリックします。
  4. 「現在の履歴の表示」をクリックします。

  5. コンソール履歴の名前(オプション)を入力します。機密情報の入力は避けてください。
  6. タグ付けオプションの表示: リソースの作成権限がある場合、そのリソースにフリーフォーム・タグを適用する権限もあります。定義済のタグを適用するには、タグ・ネームスペースを使用する権限が必要です。タグ付けの詳細は、リソース・タグを参照してください。タグを適用するかどうかわからない場合は、このオプションをスキップするか(後からでもタグを適用できます)、管理者に問い合せてください。
  7. コンソール履歴のコピーをダウンロードするには、「ダウンロード」をクリックします。
  8. 「保存して閉じる」をクリックします。
コンソール履歴取得をダウンロードするには
  1. ナビゲーション・メニューを開き、「コンピュート」をクリックします。「コンピュート」で、「インスタンス」をクリックします。
  2. 関心のあるインスタンスをクリックします。
  3. 「リソース」で、「コンソール履歴」をクリックします。
  4. コンソール履歴リストで、ダウンロードするコンソール履歴取得の「アクション」メニューをクリックし、「ダウンロード」をクリックしてから、ファイルを保存します。
コンソール履歴取得を表示するには
  1. ナビゲーション・メニューを開き、「コンピュート」をクリックします。「コンピュート」で、「インスタンス」をクリックします。
  2. 関心のあるインスタンスをクリックします。
  3. 「リソース」で、「コンソール履歴」をクリックします。
  4. コンソール履歴リストで、表示するコンソール履歴取得の「アクション」メニューをクリックし、「詳細の表示」をクリックします。

コンソール履歴取得のメタデータ詳細を表示および編集するには
  1. ナビゲーション・メニューを開き、「コンピュート」をクリックします。「コンピュート」で、「インスタンス」をクリックします。
  2. 関心のあるインスタンスをクリックします。
  3. 「リソース」で、「コンソール履歴」をクリックします。
  4. コンソール履歴リストで、コンソール履歴の横にある「アクション」メニューをクリックし、「詳細の表示」をクリックします。

  5. オプションで、コンソール履歴の名前を編集します。機密情報の入力は避けてください。
  6. タグを表示または編集するには、「タグ付けオプションの表示」をクリックします。
  7. タグを編集または削除するには、タグの横にある編集アイコンをクリックします。タグを編集するには、「タグの編集」ダイアログで変更を加え、「保存」をクリックします。タグを削除するには、「タグの削除」をクリックします。
  8. 「保存して閉じる」をクリックします。
コンソール履歴取得を削除するには
  1. ナビゲーション・メニューを開き、「コンピュート」をクリックします。「コンピュート」で、「インスタンス」をクリックします。
  2. 関心のあるインスタンスをクリックします。
  3. 「リソース」で、「コンソール履歴」をクリックします。
  4. コンソール履歴リストで、削除するコンソール履歴取得の「アクション」メニューをクリックし、「削除」をクリックします。

  5. 確認ダイアログで、「コンソール履歴の削除」をクリックします。

CLIの使用

CLIの使用の詳細は、コマンド・ライン・インタフェース(CLI)を参照してください。CLIを使用してシリアル・コンソール・ログを管理するには、コマンド・プロンプトを開き、次のいずれかのコマンドを実行します。

コンソール履歴を取得するには

compute console-history Captureコマンドを使用します:

oci compute console-history capture --instance-id <instance-id>

オプションのリストは、CLIのオンライン・ヘルプを参照してください:

oci compute console-history capture --help
コンソール履歴取得のメタデータ詳細を取得するには

compute console-history getコマンドを使用します:

oci compute console-history get --instance-console-history-id <instance-console-history-id>

オプションのリストは、CLIのオンライン・ヘルプを参照してください:

oci compute console-history get --help
コンソール履歴コンテンツの詳細を取得するには

compute console-history get-contentコマンドを使用します:

oci compute console-history get-content --file <file_name> --instance-console-history-id <instance-console-history-id>

オプションのリストは、CLIのオンライン・ヘルプを参照してください:

oci compute console-history get-content --help
コンソール履歴メタデータを編集するには

compute console-history updateコマンドを使用します:

oci compute console-history update --instance-console-history-id <instance-console-history-id>

オプションのリストは、CLIのオンライン・ヘルプを参照してください:

oci compute console-history update --help
コンソール履歴取得をリストするには

compute console-history listコマンドを使用します:

oci compute console-history list --compartment-id <COMPARTMENT_OCID>

オプションのリストは、CLIのオンライン・ヘルプを参照してください:

oci compute console-history list --help
コンソール履歴取得を削除するには

compute console-history deleteコマンドを使用します:

oci compute console-history delete --instance-console-history-id <instance-console-history-id>

オプションのリストは、CLIのオンライン・ヘルプを参照してください:

oci compute console-history delete --help

APIの使用

APIの使用およびリクエストの署名の詳細は、REST APIおよびセキュリティ資格証明を参照してください。SDKについては、ソフトウェア開発キットとコマンドライン・インタフェースを参照してください。

次のAPI操作を使用して、コンソール履歴データを管理します。

  • コンソール履歴を取得するには、CaptureConsoleHistoryメソッドを使用します。
  • コンソール履歴メタデータの詳細を表示するには、GetConsoleHistoryメソッドを使用します。
  • コンソール履歴コンテンツの詳細を取得するには、GetConsoleHistoryContentメソッドを使用します。
  • コンソール履歴メタデータを編集するには、UpdateConsoleHistoryメソッドを使用します。
  • コンソール履歴取得をリストするには、ListConsoleHistoriesメソッドを使用します。
  • コンソール履歴取得を削除するには、DeleteConsoleHistoryメソッドを使用します。