「Oracle Cloudへのデプロイ」ボタンの使用

このページでは、「Oracle Cloudにデプロイ」ボタンのURLの作成に関する高度なトピックについて説明します。

このボタンを適切にリンクすると、ユーザーがTerraform構成を使用してスタックを作成するための直接的なオプションが表示されます。

この画像は、「Oracle Cloudにデプロイ」ボタンを示しています。

このボタンをクリックすると、Oracle Cloud Infrastructureコンソールの「スタックの作成」ページに直接移動します。このボタンは、指定したTerraform構成ファイル・パッケージにリンクされているため、ユーザーがスタックを作成するときにTerraform構成がすでに選択されています。Terraform構成ファイルは、サポートされているプロバイダに格納できます。

「デプロイ」ボタンの機能の例

次の「Oracle Cloudにデプロイ」ボタンは、https://github.com/oracle-quickstart/oci-cloudnativeからテンプレートを起動するように構成されています。

Oracle Cloudへのデプロイ

サポートされるプロバイダ

「Oracle Cloudにデプロイ」ボタンで使用するパッケージURLを形成するために、次のプロバイダがサポートされています。

  • GitHub

    パッケージURLの例1:ダイレクト: https://github.com/myrepo/mydirectory/master.zip

    パッケージURLの例2:リリース: https://github.com/myrepo/mydirectory/0.0.1.zip

    GitHubのリリースの.zip URLを取得するには、https://docs.github.com/en/free-pro-team @latest /github/administering-a-repository/linking-to-releasesを参照してください。

  • GitLab

    パッケージURLの例1:ダイレクト: https://gitlab.com/myrepo/mydirectory/master.zip

    パッケージURLの例2:リリース: https://gitlab.com/myrepo/mydirectory/0.0.1.zip

  • オブジェクト・ストレージ(事前認証済リクエストのURL)

    パッケージURLの例: https://objectstorage.region.oraclecloud.com/p/encrypted-string/n/object-storage-namespace/b/bucket/o/filename

トラブルシューティング情報は、「トラブルシューティング」を参照してください。

リンクされたデプロイ・ボタンを表示するには

重要

Terraform構成ファイルが有効であることを確認してください。オーサリング構成およびリソース・マネージャのTerraform構成を参照してください。

リポジトリ・ページおよびその他のWebページに、リンクされた「Oracle Cloudにデプロイ」ボタンを表示できます。

値下げコード

リポジトリ・ページに「Oracle Cloudにデプロイ」ボタンを表示するには、次のMarkdownコードをREADME.mdファイルに追加します。

[
![Deploy to Oracle Cloud]
(https://oci-resourcemanager-plugin.plugins.oci.oraclecloud.com/latest/deploy-to-oracle-cloud.svg)
]
(https://cloud.oracle.com/resourcemanager/stacks/create
?zipUrl=<package-url>)

<<package-URL>は、サポートされているプロバイダに格納されているTerraform構成の.zipファイルのURLです。

GitHubからのパッケージURLを含むマークダウン・コードの例:

[![Deploy to Oracle Cloud](https://oci-resourcemanager-plugin.plugins.oci.oraclecloud.com/latest/deploy-to-oracle-cloud.svg)](https://cloud.oracle.com/resourcemanager/stacks/create?zipUrl=https://github.com/myrepo/mydirectory/master.zip)

HTMLコード

Webページに「Oracle Cloudにデプロイ」ボタンを表示するには、次のHTMLコードを追加します。

<a 
href="https://cloud.oracle.com/resourcemanager/stacks/create?zipUrl=<package-url>" 
target="_blank">
  <img 
src="https://oci-resourcemanager-plugin.plugins.oci.oraclecloud.com/latest/deploy-to-oracle-cloud.svg" 
alt="Deploy to Oracle Cloud"/>
</a>

<<package-URL>は、サポートされているプロバイダに格納されているTerraform構成の.zipファイルのURLです。

GitHubからのパッケージURLを含むHTMLコードの例:

<a href="https://cloud.oracle.com/resourcemanager/stacks/create?zipUrl=https://github.com/myrepo/mydirectory/master.zip" target="_blank">
  <img src="https://oci-resourcemanager-plugin.plugins.oci.oraclecloud.com/latest/deploy-to-oracle-cloud.svg" alt="Deploy to Oracle Cloud"/>
</a>

リンクされたデプロイ・ボタンからスタックを作成するには

  1. 「Oracle Cloudにデプロイ」(Terraform構成にリンクされているデプロイ・ボタン)をクリックします。

  2. Oracle Cloud Infrastructureコンソールにまだサインインしていない場合は、サインインします。コンソールへのサインインを参照してください。

    選択したパッケージが識別された「スタックの作成」ページが表示されます。

  3. 新しいスタックの名前を入力します(または、表示されたデフォルトの名前を受け入れます)。機密情報の入力は避けてください。

  4. 必要に応じて、「説明」を入力します。

  5. 「コンパートメントの作成」ドロップダウンから、スタックを作成するコンパートメントを選択します。

    リスト範囲のコンパートメントはデフォルトで設定されています。

  6. 「Terraformのバージョン」を選択します。

    NOTE

    Terraformのバージョンは下位互換性がありません。
  7. リソースを作成する権限がある場合、そのリソースにフリーフォーム・タグを適用する権限もあります。定義済のタグを適用するには、タグ・ネームスペースを使用する権限が必要です。タグ付けの詳細は、リソース・タグを参照してください。タグを適用するかどうかがわからない場合は、このオプションをスキップするか(後でタグを適用できます)、管理者に問い合せてください。
  8. へ」をクリックします。

    「変数の構成」パネルに、選択したTerraform構成ファイルの変数が表示されます。

  9. 変数を確認し、必要に応じて変更します。

    重要

    秘密キーやその他の機密情報は、構成変数に追加しないでください。
  10. へ」をクリックします。

  11. 「確認」パネルで、スタック構成を確認します。

    適用の実行」はデフォルトで選択されています。スタックの作成時にリソースを自動的にプロビジョニングするには、この設定を保持します。

  12. 「作成」をクリックしてスタックを作成します。

    新しいスタックのスタック詳細ページが表示されます。

    適用の実行」を選択した場合、リソース・マネージャは新しいスタックで「適用」アクションを実行します。

定義済リソースをデプロイするには(「スタックの作成」ページで「適用の実行」を選択していない場合)、新規スタックで適用ジョブを実行します。

トラブルシューティング

リンクされたデプロイ・ボタンからスタックを作成しようとすると、エラー・メッセージError code: InvalidParameter(400)が表示されることがあります。

このエラーは、リソース・マネージャがURLにアクセスできないか、URLがTerraform構成(GitHubまたはGitLab)用にダウンロードされたzipファイルを指していないために使用できないために発生します。

このエラーを解決するには、URLがアクセス可能であることを確認してください。GitHubおよびGitLabの場合は、Terraform構成用にダウンロードしたzipファイルを指すURLを使用します。ダウンロードしたzipファイルのURLを取得するには、次の方法を使用します。
  • GitHub (2021年3月より入手可能):「Code」ボタンをクリックし、「Download ZIP」オプションを右クリックします。
  • GitLab (2021年3月から入手可能):「ダウンロード」ボタンをクリックし、zipオプションを右クリックします。