外部接続の作成

GitHub、GitLab、ビットバケット・クラウド、Visual Builder Studio、ビットバケット・サーバー、GitLabサーバーなどの外部リポジトリへの接続を作成します。

接続を作成する前に、接続先のリポジトリに応じて次を実行する必要があります:

  • GitHub Enterprise Cloud、GitLab SaaS、GitLabサーバーおよびVisual Builder Studio: これらのプロバイダから個人アクセス・トークン(PAT)を取得し、PATをOCIボールトにセキュアに格納する必要があります。手順は、ビルド・ソースの統合を参照してください。
  • Bitbucketクラウド: Bitbucketユーザー名が必要です。また、アプリケーション・パスワードを作成し、そのアプリケーション・パスワードをOCIボールトに格納する必要があります。Bitbucketクラウドのアプリケーション・パスワードの生成を参照してください。
  • Bitbucketサーバー: HTTPアクセス・トークンを作成し、そのアクセス・トークンをOCIボールトに格納します。

OCIの各サービスは、認証および認可のためにIdentity and Access Management (IAM)と統合されます。コード・リポジトリと外部接続の動的グループおよびポリシーの作成については、コード・リポジトリ・ポリシーを参照してください。詳細は、DevOps IAMポリシーを参照してください。

Oracle Cloudコンソール、REST APIおよびCLIを使用したDevOpsへのアクセスについては、DevOpsへのアクセスを参照してください。

    1. ナビゲーション・メニューを開き、「開発者サービス」をクリックします。「DevOps」で、「プロジェクト」をクリックします。
    2. プロジェクトを選択し、左サイド・メニューから「外部接続」をクリックします。
    3. 「外部接続の作成」をクリックします。
    4. 「外部接続の作成」パネルで、次の情報を指定します:
      • 接続の名前と説明を入力説明の入力はオプションです。
      • 外部接続のタイプを選択します

        「Bitbucketクラウド」を選択した場合は、Bitbucketユーザー名を入力します。

      • 「ビットバケット・サーバー」またはGitLabサーバーを選択した場合は、ホストされるビットバケット・サーバーまたはGitLabサーバーのベースURLを入力します。「Visual Builder Studio (VBS)」では、VBSインスタンスのURLを入力します。
      • GitHub、GitLabまたはVisual Builder Studioに接続するための個人アクセス・トークン(PAT)を含むボールトおよびシークレット値を選択します。

        「Bitbucketクラウド」を選択した場合は、ボールト値およびアプリケーション・パスワード・シークレットを選択します。

      • (オプション)「TLS検証構成」で、セルフホストのBitbucketサーバーまたはGitLabサーバーを認証するCAバンドルを選択します。

        リポジトリ・サーバー(GitLabサーバーまたはBitbucketサーバー)が公的に信頼できる認証局でホストされている場合、これは該当しません。

      • (オプション)接続にタグを追加するには、「タグ付けオプションの表示」をクリックします。

        タグ付けとは、テナンシ内のリソースを整理およびトラッキングできるメタデータ・システムです。

        リソースを作成する権限がある場合、それにフリーフォーム・タグを追加する権限もあります。

        定義済タグを追加するには、タグ・ネームスペースを使用する権限が必要です。

        詳細は、リソース・タグを参照してください。

    5. 「作成」をクリックします。
      選択した外部リポジトリへの接続が正常に作成されます。
    これで、GitHub、GitLab、BitbucketクラウドまたはVisual Builder Studioからコード・リポジトリをミラー化できます。リポジトリのミラー化を参照してください。
  • GitHub接続を作成するには、create-github-connectionコマンドを実行します:

    oci devops connection create-github-connection --personal-access-token, --project-id

    GitLab接続を作成するには、create-gitlab-connectionコマンドを実行します:

    oci devops connection create-gitlab-connection --personal-access-token, --project-id

    Bitbucketクラウド接続を作成するには、create-bitbucket-cloud-connectionコマンドを実行します:

    oci devops connection create-bitbucket-cloud-connection --bitbucket-cloud-username, --app-password, --project-id

    Visual Builder Studio接続を作成するには、create-vbs-connectionコマンドを実行します:

    oci devops connection create-vbs-connection --access-token, --base-url, --project-id

    Bitbucketサーバー接続を作成するには、create-bitbucket-server-connectionコマンドを実行します:

    oci devops connection create-bitbucket-server-connection --personal-access-token, --base-url, --project-id

    GitLabサーバー接続を作成するには、create-gitlab-server-connectionコマンドを実行します:

    oci devops connection create-gitlab-server-connection --personal-access-token, --base-url, --project-id

    接続のリストを表示するには、listコマンドを実行します:

    oci devops connection list

    connectionのすべてのコマンドを取得するには:

    oci devops connection -h
  • 外部接続を作成するには、CreateConnection操作を使用します。