プロジェクトの作成

CI/CDワークフローの実装に必要なリソースをグループ化するDevOpsプロジェクトを作成します。

Oracle Cloud Infrastructure (OCI)の各サービスは、すべてのインタフェース(コンソール、SDKとCLI、およびREST API)で、認証および認可のためにIdentity and Access Management (IAM)と統合されます。DevOpsサービスの使用を開始する前に、DevOpsへのアクセス権を持つユーザーと、ユーザー・グループごとのアクセス権のタイプを制御するポリシーを作成する必要があります。

DevOpsサービスのポリシー記述の詳細およびポリシーの例は、DevOps IAMポリシーを参照してください。

プロジェクト通知用のトピックを作成する必要があります。トピックの作成を参照してください。

Oracle Cloudコンソール、REST APIおよびCLIを使用したDevOpsへのアクセスについては、DevOpsへのアクセスを参照してください。

    1. ナビゲーション・メニューを開き、「開発者サービス」をクリックします。「DevOps」で、「プロジェクト」をクリックします。
    2. 左側のメニューから、作業権限を持つコンパートメントを選択します。
      詳細は、認証と認可を参照してください。
    3. DevOps Projectsページで、「devopsプロジェクトの作成」をクリックします。
    4. 「Create new devops project」パネルで、次の情報を入力します。
      1. プロジェクトの名前を入力します。
      2. 説明を入力します。(オプション)
      3. プロジェクト通知を設定するには、「トピックの選択」をクリックします。
        ノート

        プロジェクト通知により、重要なイベントおよび最新のプロジェクト・ステータスが通知されます。ワークフローの承認など、必要なアクションを実行する必要がある場合もアラートが通知されます。トピックを作成し、そのトピックにサブスクリプションを追加する必要があります。トピックの作成および登録の作成を参照してください。
        • トピック名を使用してトピックを選択するには、コンパートメントおよび関連するトピックを選択します。
        • Oracle Cloud Identifier (OCID)を使用してトピックを選択するには、トピックのOCIDを入力します。
    5. (オプション)プロジェクトにタグを追加するには、「タグ付けオプションの表示」をクリックします。タグ付けとは、テナンシ内のリソースを整理およびトラッキングできるメタデータ・システムです。

      リソースを作成する権限がある場合、それにフリーフォーム・タグを追加する権限もあります。

      定義済タグを追加するには、タグ・ネームスペースを使用する権限が必要です。

      詳細は、リソース・タグを参照してください。

    6. 「DevOpsプロジェクトの作成」をクリックします。

    DevOpsプロジェクトが正常に作成されます。コード・リポジトリビルド・パイプラインアーティファクト参照ターゲット環境デプロイメント・パイプラインなどの必要なリソースを構成できます。

    ノート

    ビルド・パイプラインおよびデプロイメント・パイプラインを実行するには、プロジェクトのロギングを有効にする必要があります。ロギングを有効にするには、DevOpsログを参照してください。
  • DevOpsプロジェクトを作成するには、createコマンドを実行します:

    oci devops project create

    createコマンドの必須パラメータ:

    • --compartment-id -c
    • --name
    • --notification-config

    projectのすべてのコマンドを取得するには:

    oci devops project -h

    createコマンドのヘルプを取得するには:

    oci devops project create -h
  • DevOpsプロジェクトを作成するには、CreateProject操作を使用します。