モジュール java.base
パッケージ java.io

クラスCharArrayReader

  • すべての実装されたインタフェース:
    Closeable, AutoCloseable, Readable

    public class CharArrayReader
    extends Reader
    文字入力ストリームとして使用する文字バッファを実装します。
    導入されたバージョン:
    1.1
    • フィールドのサマリー

      フィールド 
      修飾子と型 フィールド 説明
      protected char[] buf
      文字バッファです。
      protected int count
      このバッファの最後のインデックスです。
      protected int markedPos
      バッファ内のマーク位置です。
      protected int pos
      現在のバッファの位置です。
      • クラス java.io.Readerで宣言されたフィールド

        lock
    • コンストラクタのサマリー

      コンストラクタ 
      コンストラクタ 説明
      CharArrayReader​(char[] buf)
      指定された文字の配列からCharArrayReaderを作成します。
      CharArrayReader​(char[] buf, int offset, int length)
      指定された文字の配列からCharArrayReaderを作成します。
    • メソッドのサマリー

      すべてのメソッド インスタンス・メソッド 具象メソッド 
      修飾子と型 メソッド 説明
      void close()
      ストリームを閉じて、それに関連するすべてのシステム・リソースを解放します。
      void mark​(int readAheadLimit)
      ストリームの現在位置にマークを設定します。
      boolean markSupported()
      このストリームが、実行するmark()オペレーションをサポートするかどうかを通知します。
      int read()
      単一の文字を読み込みます。
      int read​(char[] b, int off, int len)
      配列の一部に文字を読み込みます。
      boolean ready()
      このストリームが読込み可能かどうかを判定します。
      void reset()
      直前のマーク位置にストリームをリセットします。マークが設定されていない場合は、先頭位置にリセットします。
      long skip​(long n)
      文字をスキップします。
    • フィールドの詳細

      • buf

        protected char[] buf
        文字バッファです。
      • pos

        protected int pos
        現在のバッファの位置です。
      • markedPos

        protected int markedPos
        バッファ内のマーク位置です。
      • count

        protected int count
        このバッファの最後のインデックスです。 このインデックス以降に有効なデータはありません。
    • コンストラクタの詳細

      • CharArrayReader

        public CharArrayReader​(char[] buf)
        指定された文字の配列からCharArrayReaderを作成します。
        パラメータ:
        buf - 入力バッファ(コピーされていない)
      • CharArrayReader

        public CharArrayReader​(char[] buf,
                               int offset,
                               int length)
        指定された文字の配列からCharArrayReaderを作成します。

        結果として得られるリーダーは、指定されたoffsetから読込みを開始します。 このリーダーから読み取ることのできるchar値の総数は、lengthbuf.length-offsetのいずれか小さい方になります。

        パラメータ:
        buf - 入力バッファ(コピーされていない)
        offset - 読み込む最初の文字オフセット
        length - 読み込む文字数
        例外:
        IllegalArgumentException - offsetが負またはbuf.lengthより大きい場合、lengthが負の場合、またはこれら2つの値の和が負の場合。
    • メソッドの詳細

      • read

        public int read()
                 throws IOException
        単一の文字を読み込みます。
        Overrides:
        read、クラス: Reader
        戻り値:
        0 - 65535 (0x00-0xffff)の範囲の整数としての、読み込まれた文字。ストリームの終わりに達した場合は -1
        例外:
        IOException - 入出力エラーが発生した場合
      • read

        public int read​(char[] b,
                        int off,
                        int len)
                 throws IOException
        配列の一部に文字を読み込みます。
        定義:
        read、クラス: Reader
        パラメータ:
        b - 転送先バッファ
        off - 文字の格納開始オフセット
        len - 読み込む文字の最大数
        戻り値:
        読み込まれた文字実数。ストリームの終わりに達した場合は -1
        例外:
        IOException - 入出力エラーが発生した場合
        IndexOutOfBoundsException - I/Oエラーが発生した場合
      • skip

        public long skip​(long n)
                  throws IOException
        文字をスキップします。 スキップされた文字の数を返します。

        nパラメータは、Readerスーパー・クラスのskipメソッドが例外をスローする場合があっても、負の値にできます。 nが負の場合、このメソッドは何もせずに0を返します。

        Overrides:
        skip、クラス: Reader
        パラメータ:
        n - スキップする文字数
        戻り値:
        実際にスキップした文字数
        例外:
        IOException - ストリームが閉じられている場合、または入出力エラーが発生した場合
      • ready

        public boolean ready()
                      throws IOException
        このストリームが読込み可能かどうかを判定します。 文字配列のリーダーは、常に読込み可能です。
        Overrides:
        ready、クラス: Reader
        戻り値:
        次のread()が入力をブロックしないことが確実な場合はtrue、そうでない場合はfalse。 falseが返されても、次の読込みが確実にブロックするというわけでない。
        例外:
        IOException - 入出力エラーが発生した場合
      • markSupported

        public boolean markSupported()
        このストリームが、実行するmark()オペレーションをサポートするかどうかを通知します。
        Overrides:
        markSupported、クラス: Reader
        戻り値:
        このストリームがmarkオペレーションをサポートする場合に限りtrue。
      • mark

        public void mark​(int readAheadLimit)
                  throws IOException
        ストリームの現在位置にマークを設定します。 以降のreset()の呼出しでは、ストリームはこの位置に再配置されます。
        Overrides:
        mark、クラス: Reader
        パラメータ:
        readAheadLimit - マークを保持しながら読み込むことができる文字数の上限。 ストリームには文字配列から入力されるので、実際の上限はない。そのため、この引数は無視される。
        例外:
        IOException - 入出力エラーが発生した場合
      • reset

        public void reset()
                   throws IOException
        直前のマーク位置にストリームをリセットします。マークが設定されていない場合は、先頭位置にリセットします。
        Overrides:
        reset、クラス: Reader
        例外:
        IOException - 入出力エラーが発生した場合
      • close

        public void close()
        ストリームを閉じて、それに関連するすべてのシステム・リソースを解放します。 ストリームが閉じられたあとにread()、ready()、mark()、reset()、またはskip()を呼び出すと、IOExceptionがスローされます。 すでに閉じられているストリームを閉じても、何の影響もありません。 このメソッドは、リーダー上に別のスレッドがブロックされている間にブロックされます。
        定義:
        close、インタフェース: AutoCloseable
        定義:
        close、インタフェース: Closeable
        定義:
        close、クラス: Reader