モジュール java.base
パッケージ java.lang

クラスObject


  • public class Object
    Objectクラスは、クラス階層のルートです。 すべてのクラスは、スーパー・クラスとしてObjectを持ちます。 配列を含むすべてのオブジェクトは、このクラスのメソッドを実装します。
    導入されたバージョン:
    1.0
    関連項目:
    Class
    • コンストラクタのサマリー

      コンストラクタ 
      コンストラクタ 説明
      Object()
      新しいオブジェクトを構築します。
    • メソッドのサマリー

      すべてのメソッド インスタンス・メソッド 具象メソッド 非推奨のメソッド 
      修飾子と型 メソッド 説明
      protected Object clone()
      このオブジェクトのコピーを作成して、返します。
      boolean equals​(Object obj)
      このオブジェクトと他のオブジェクトが等しいかどうかを示します。
      protected void finalize()
      非推奨。
      ファイナライズの仕組みは本質的に問題です。
      Class<?> getClass()
      このObjectの実行時クラスを返します。
      int hashCode()
      オブジェクトのハッシュ・コード値を返します。
      void notify()
      このオブジェクトのモニターで待機中のスレッドを1つ再開します。
      void notifyAll()
      このオブジェクトのモニターで待機中のすべてのスレッドを再開します。
      String toString()
      オブジェクトの文字列表現を返します。
      void wait()
      現在のスレッドを起動するまで待ちます。通常、notifiedまたはinterruptedです。
      void wait​(long timeoutMillis)
      現在のスレッドは、通常、notifiedまたはinterruptedによって、または一定量のリアルタイムが経過するまで、起動するまで待機します。
      void wait​(long timeoutMillis, int nanos)
      現在のスレッドは、通常、notifiedまたはinterruptedによって、または一定量のリアルタイムが経過するまで、起動するまで待機します。
    • コンストラクタの詳細

      • Object

        public Object()
        新しいオブジェクトを構築します。
    • メソッドの詳細

      • getClass

        public final Class<?> getClass()
        このObjectの実行時クラスを返します。 返されるClassオブジェクトは、表されたクラスの static synchronizedメソッドによってロックされるオブジェクトです。

        実際の結果型はClass<? extends |X|>です。ここで、|X|getClassが呼び出される式のstatic型の消去です。 たとえば、このコードの抜粋ではキャストは必要ありません。

        Number n = 0;
        Class<? extends Number> c = n.getClass();

        戻り値:
        このオブジェクトの実行時クラスを表すClassオブジェクト。
        Java™言語仕様:
        15.8.2 クラス・リテラル
      • hashCode

        public int hashCode()
        オブジェクトのハッシュ・コード値を返します。 このメソッドは、HashMapによって提供されるハッシュ表などの、ハッシュ表の利点のためにサポートされています。

        hashCodeの一般的な規則は次のとおりです。

        • Javaアプリケーションの実行中に同じオブジェクトに対して複数回呼び出された場合は常に、このオブジェクトに対するequalsの比較で使用される情報が変更されていなければ、hashCodeメソッドは常に同じ整数を返す必要があります。 ただし、この整数は同じアプリケーションの実行ごとに同じである必要はありません。
        • equals(Object)メソッドに従って2つのオブジェクトが等しい場合は、2つの各オブジェクトに対するhashCodeメソッドの呼出しによって同じ整数の結果が生成される必要があります。
        • equals(java.lang.Object)メソッドに従って2つのオブジェクトが等しくない場合は、2つの各オブジェクトに対するhashCodeメソッドの呼出しによって異なる整数の結果が生成される必要はありません ただし、プログラマは、等しくないオブジェクトに対して異なる整数の結果を生成すると、ハッシュ表のパフォーマンスが向上する可能性があることに注意するようにしてください。

        クラスObjectによって定義されたhashCodeメソッドは、可能なかぎり、異なるオブジェクトに対して異なる整数を返します。 (hashCodeは、ある時点におけるオブジェクト・メモリー・アドレスの関数として実装されても実装されなくてもよい。)

        戻り値:
        このオブジェクトのハッシュ・コード値。
        関連項目:
        equals(java.lang.Object), System.identityHashCode(java.lang.Object)
      • equals

        public boolean equals​(Object obj)
        このオブジェクトと他のオブジェクトが等しいかどうかを示します。

        equalsメソッドは、null以外のオブジェクト参照での同値関係を実装します。

        • 反射性(reflexive): null以外の参照値xについて、x.equals(x)trueを返します。
        • 対称性(symmetric): null以外の参照値xおよびyについて、y.equals(x)trueを返す場合に限り、x.equals(y)trueを返します。
        • 推移性(transitive): null以外の参照値xy、およびzについて、x.equals(y)trueを返し、y.equals(z)trueを返す場合、x.equals(z)trueを返します。
        • 一貫性(consistent): null以外の参照値xおよびyについて、x.equals(y)の複数の呼出しは、このオブジェクトに対するequalsによる比較で使われた情報が変更されていなければ、一貫してtrueを返すか、一貫してfalseを返します。
        • null以外の参照値xについて、x.equals(null)falseを返します。

        Objectクラスのequalsメソッドは、もっとも比較しやすいオブジェクトの同値関係を実装します。つまり、null以外の参照値xyについて、このメソッドはxyが同じオブジェクトを参照する(x == ytrue)場合にだけtrueを返します。

        通常、このメソッドをオーバーライドする場合は、hashCodeメソッドを常にオーバーライドして、等価なオブジェクトは等価なハッシュ・コードを保持する必要があるというhashCodeメソッドの汎用規約に従う必要があることに留意してください。

        パラメータ:
        obj - 比較対象の参照オブジェクト。
        戻り値:
        このオブジェクトがobj引数と同じである場合はtrue、それ以外の場合はfalse
        関連項目:
        hashCode()HashMap
      • clone

        protected Object clone()
                        throws CloneNotSupportedException
        このオブジェクトのコピーを作成して、返します。 コピーの正確な意味合いは、オブジェクトのクラスによって異なります。 一般的な意図は、任意のオブジェクトxについて、次の式
         x.clone() != x
        がtrueであり、次の式
         x.clone().getClass() == x.getClass()
        trueになることですが、これらは絶対的な要件ではありません。 また次の式
         x.clone().equals(x)
        trueになりますが、これは絶対的な要件ではありません。

        慣例上、返されたオブジェクトは、super.cloneを呼び出すことによって取得するようにしてください。 クラスとそのすべてのスーパー・クラス(Objectを除く)がこの規則に従っている場合は、x.clone().getClass()== x.getClass()が成立します。

        通常、このメソッドにより返されるオブジェクトは、このオブジェクト(複製されています)から独立している必要があります。 この独立性を実現するには、super.cloneによって返されたオブジェクトを返す前に、その1つ以上のフィールドを変更することが必要になる場合があります。 これは、通常、複製するオブジェクトの内部深層構造を構成する可変オブジェクトのコピー、およびこれらのオブジェクトへの参照をコピーへの参照に置き換えることを意味します。 クラスにプリミティブ・フィールドまたは不変オブジェクトへの参照しか含まれていない場合は、通常、super.cloneによって返されたオブジェクト内のフィールドを変更する必要がありません。

        クラスObjectのメソッドcloneは、特定のクローニング操作を実行します。 まず、このオブジェクトのクラスがインタフェースCloneableを実装していない場合は、CloneNotSupportedExceptionがスローされます。 すべての配列がインタフェースCloneableを実装していると見なされること、および配列型T[]cloneメソッドの戻り値の型はT[] (ここで、Tは任意の参照またはプリミティブ型)です。 実装していない場合、このメソッドはこのオブジェクトのクラスの新しいインスタンスを生成し、そのフィールドをすべて、このオブジェクトの対応する各フィールドの内容で初期化します。これは代入と同様で、フィールドの内容自身が複製されるのではありません。 つまりこのメソッドは、オブジェクトのシャロー・コピーを生成しますが、ディープ・コピーは生成しません。

        クラスObject自体はインタフェースCloneableを実装していないため、クラスがObjectであるオブジェクトに対してcloneメソッドを呼び出すと、実行時に例外がスローされます。

        戻り値:
        このインスタンスの複製。
        例外:
        CloneNotSupportedException - オブジェクトのクラスがCloneableインタフェースをサポートしていない場合。 cloneメソッドをオーバーライドしたサブクラスも、インスタンスを複製できないことを示すためにこの例外をスローすることがある。
        関連項目:
        Cloneable
      • toString

        public String toString()
        オブジェクトの文字列表現を返します。 一般に、toStringメソッドは、このオブジェクトをテキストで表す文字列を返します。 この結果は、人間が読める簡潔で有益な情報であるべきです。 すべてのサブクラスで、このメソッドをオーバーライドすることをお勧めします。

        クラスObjecttoStringメソッドは、オブジェクトがインスタンスになっている元のクラスの名前、アットマーク文字@、およびオブジェクトのハッシュ・コードの符号なし16進数表現から構成される文字列を返します。 つまり、このメソッドは次の値と等しい文字列を返します。

         getClass().getName() + '@' + Integer.toHexString(hashCode())
         

        戻り値:
        このオブジェクトの文字列表現
      • notify

        public final void notify()
        このオブジェクトのモニターで待機中のスレッドを1つ再開します。 このオブジェクトで複数のスレッドが待機中の場合は、そのうちの1つを再開します。 この選択は任意で、実装によって異なります。 スレッドは、waitメソッドを呼び出すと、オブジェクトのモニターで待機します。

        再開されたスレッドの処理は、現在のスレッドがこのオブジェクトのロックを解除するまでは進むことができません。 再開されたスレッドは、ほかのスレッドと同じように、このオブジェクトと同期するように積極的に競います。たとえば、このオブジェクトをロックする次のスレッドになろうとする場合でも、再開されたスレッドの扱いはほかのスレッドより優勢でも劣勢でもありません。

        このメソッドを呼び出すのは、このオブジェクトのモニターを所有するスレッドだけでなければいけません。 スレッドがオブジェクトのモニターのオーナーになる方法は、次の3通りがあります。

        • オブジェクトのsynchronizedインスタンス・メソッドを実行する。
        • オブジェクトを同期化するsynchronized文の本体を実行する。
        • Class型のオブジェクトの場合は、そのクラスのsynchronized staticメソッドを実行する。

        オブジェクトのモニターを所有できるスレッドは1回に1つだけです。

        例外:
        IllegalMonitorStateException - 現在のスレッドがこのオブジェクトのモニターを所有していない場合。
        関連項目:
        notifyAll(), wait()
      • notifyAll

        public final void notifyAll()
        このオブジェクトのモニターで待機中のすべてのスレッドを再開します。 スレッドは、waitメソッドを呼び出すと、オブジェクトのモニターで待機します。

        再開されたスレッドの処理は、現在のスレッドがこのオブジェクトのロックを解除するまでは進むことができません。 再開されたスレッドは、ほかのスレッドと同じように、このオブジェクトと同期するように積極的に競います。たとえば、このオブジェクトをロックする次のスレッドになろうとする場合でも、再開されたスレッドの扱いはほかのスレッドより優勢でも劣勢でもありません。

        このメソッドを呼び出すのは、このオブジェクトのモニターを所有するスレッドだけでなければいけません。 スレッドがオブジェクトのモニターのオーナーになる方法については、notifyメソッドを参照してください。

        例外:
        IllegalMonitorStateException - 現在のスレッドがこのオブジェクトのモニターを所有していない場合。
        関連項目:
        notify(), wait()
      • wait

        public final void wait()
                        throws InterruptedException
        現在のスレッドを起動するまで待ちます。通常、notifiedまたはinterruptedです。

        すべての点で、このメソッドはwait(0L, 0)が呼び出されたかのように動作します。 詳細については、wait(long, int)メソッドの仕様を参照してください。

        例外:
        IllegalMonitorStateException - 現在のスレッドがオブジェクトのモニターを所有していない場合
        InterruptedException - 現在のスレッドが待機していた前または中に、現在のスレッドに割り込みが発生した場合。 この例外がスローされると、現在のスレッドの割込みステータスはクリアされる。
        関連項目:
        notify(), notifyAll(), wait(long), wait(long, int)
      • wait

        public final void wait​(long timeoutMillis)
                        throws InterruptedException
        現在のスレッドは、通常、notifiedまたはinterruptedによって、または一定量のリアルタイムが経過するまで、起動するまで待機します。

        すべての点で、このメソッドはwait(timeoutMillis, 0)が呼び出されたかのように動作します。 詳細については、wait(long, int)メソッドの仕様を参照してください。

        パラメータ:
        timeoutMillis - 待機する最大時間(ミリ秒単位)
        例外:
        IllegalArgumentException - timeoutMillisが負の場合
        IllegalMonitorStateException - 現在のスレッドがオブジェクトのモニターを所有していない場合
        InterruptedException - 現在のスレッドが待機していた前または中に、現在のスレッドに割り込みが発生した場合。 この例外がスローされると、現在のスレッドの割込みステータスはクリアされる。
        関連項目:
        notify(), notifyAll(), wait(), wait(long, int)
      • wait

        public final void wait​(long timeoutMillis,
                               int nanos)
                        throws InterruptedException
        現在のスレッドは、通常、notifiedまたはinterruptedによって、または一定量のリアルタイムが経過するまで、起動するまで待機します。

        現在のスレッドは、このオブジェクト・モニター・ロックを所有していなければなりません。 スレッドがモニター・ロックの所有者になる方法については、notifyメソッドを参照してください。

        このメソッドは、現在のスレッド(ここではTと呼ばれます)をこのオブジェクトの待機セットに配置し、このオブジェクトの同期要求をすべて放棄します。 このオブジェクトのロックだけが解放されることに注意してください。スレッドが待機している間、現在のスレッドが同期化されている他のオブジェクトはロックされたままです。

        スレッドTはスレッドのスケジューリングの目的で無効になり、次のいずれかが発生するまで休止状態になります:

        • ほかのスレッドがこのオブジェクトに対してnotifyメソッドを呼び出し、再開されるスレッドとしてスレッドTが選ばれた。
        • ほかのスレッドがこのオブジェクトに対してnotifyAllメソッドを呼び出した。
        • ほかのスレッドがスレッドT割り込みをかける。
        • 指定された実時間が経過した。 リアルタイムの量(ナノ秒単位)は、式1000000 * timeoutMillis + nanosによって与えられます。 timeoutMillisnanosが両方ともゼロである場合、実時間は考慮されず、スレッドは他の原因の1つによって起こされるまで待つ。
        • スレッドTが偽って起こされます。 (後述の説明を参照してください)

        その後スレッドTはこのオブジェクトの待機セットから削除され、スレッドのスケジューリングがふたたび可能になります。 通常の方法で他のスレッドと競合し、オブジェクト上で同期をとることができます。オブジェクトの制御を回復すると、そのオブジェクトに対するすべての同期要求が現状維持に戻されます - つまり、waitメソッドが呼び出された時点の状況に戻ります。 次にスレッドTwaitメソッドの呼び出しから復帰します。 こうして、waitメソッドから復帰した時点で、オブジェクトおよびスレッドTの同期ステータスは、waitメソッドが呼び出されたときとまったく同じになります。

        スレッドは通知、中断、またはタイムアウトすることなく起きることができます。いわゆる「偽の起床」です。 スプリアス・ウェイクアップは、実際にはまれにしか発生しませんが、アプリケーションでは、スレッドが再開されることで発生する可能性がある条件をテストし、条件が満たされない場合は待機を続けて、スプリアス・ウェイクアップから保護しなければいけません。 次の例を参照してください。

        このトピックの詳細については、Joshua Bloch 「効果的なJava、第2版」 (Addison-Wesley, 2008)のBrian Goetz他のJava Concurrency in Practice (Addison-Wesley, 2006)またはItem 69のセクション14.2、"条件待ち行列、"を参照してください。

        現在のスレッドの待機中または待機前に任意のスレッドから割り込みがかかった場合、InterruptedExceptionがスローされます。 この例外がスローされると、現在のスレッドの割込みステータスはクリアされる。 この例外は、このオブジェクトのロック・ステータスが前述のように復元されるまではスローされません。

        APIの注:
        待機するための推奨される方法は、以下の例に示すように、waitへの呼び出しの周りのwhileループで待っている状態をチェックすることです。 とりわけ、このアプローチは、偽のウェイ・ク アップによって引き起こされる可能性のある問題を回避します。
        
             synchronized (obj) {
                 while (<condition does not hold> and <timeout not exceeded>) {
                     long timeoutMillis = ... ; // recompute timeout values
                     int nanos = ... ;
                     obj.wait(timeoutMillis, nanos);
                 }
                 ... // Perform action appropriate to condition or timeout
             }
         
        パラメータ:
        timeoutMillis - 待機する最大時間(ミリ秒単位)
        nanos - 追加の時間(ナノ秒単位)、0〜99999の範囲
        例外:
        IllegalArgumentException - timeoutMillisが負の場合、またはnanosの値が範囲外の場合
        IllegalMonitorStateException - 現在のスレッドがオブジェクトのモニターを所有していない場合
        InterruptedException - 現在のスレッドが待機していた前または中に、現在のスレッドに割り込みが発生した場合。 この例外がスローされると、現在のスレッドの割込みステータスはクリアされる。
        関連項目:
        notify(), notifyAll(), wait(), wait(long)
      • finalize

        @Deprecated(since="9")
        protected void finalize()
                         throws Throwable
        非推奨。
        ファイナライズの仕組みは本質的に問題です。 ファイナライズは、パフォーマンスの問題、デッドロック、ハングにつながる可能性があります。 ファイナライザのエラーはリソース・リークを引き起こす可能性があります。不要になった場合はファイナライズを取消する方法はありません。異なるオブジェクトのfinalizeメソッドへの呼び出しの間で順序付けは指定されません。 さらに、ファイナンシングのタイミングに関しては保証はありません。 finalizeメソッドは、ファイナライズ可能なオブジェクトに対して、不明確な遅延の後にのみ呼び出されることがあります。 インスタンスが非ヒープ・リソースを保持するクラスは、それらのリソースの明示的な解放を可能にするメソッドを提供する必要があります。また、必要に応じてAutoCloseableも実装する必要があります。 CleanerPhantomReferenceは、オブジェクトが到達不能になったときにリソースを解放するための、より柔軟で効率的な方法を提供します。
        このオブジェクトへの参照はもうないとガベージ・コレクションによって判断されたときに、ガベージ・コレクタによって呼び出されます。 サブクラスはfinalizeメソッドをオーバーライドして、システム・リソースを破棄したり、その他のクリーンアップを行ったりすることができます。

        finalizeの一般的な規約では、その呼出しは、まだ生存している任意のスレッドがこのオブジェクトにアクセスできる方法はもうないと、Java™仮想マシンが判断した場合に行われます。ただし、ファイナライズの準備が済んだ他のオブジェクトまたはクラスをファイナライズするためのアクションの結果そうなった場合を除きます。 finalizeメソッドは、このオブジェクトを別のスレッドでふたたび利用可能にすることも含めて、任意のアクションを行うことができます。しかし、finalizeの通常の用途は、オブジェクトを再生不可能な形で破棄する前のクリーンアップを実行することです。 たとえば、入出力の接続を表すオブジェクトのfinalizeメソッドは、オブジェクトが永久的に破棄される前に、接続を切断するための明示的な入出力処理を行います。

        Objectクラスのfinalizeメソッドは、特別な処理を行いません。通常は、何もしないで復帰します。 Objectのサブクラスは、この定義をオーバーライドすることができます。

        Javaプログラミング言語は、任意のオブジェクトについてどのスレッドがfinalizeメソッドを呼び出すかを保証しません。 しかし、finalizeを呼び出すスレッドが、ユーザーに可視な同期ロックをfinalize呼出しの時点では保持していないことについては保証されます。 キャッチされない例外をfinalizeメソッドがスローした場合、例外は無視され、オブジェクトのファイナライズは終了します。

        あるオブジェクトについてfinalizeメソッドが呼び出されたあとに次の処理が発生するのは、まだ生存している任意のスレッドがこのオブジェクトにアクセスできる方法はないと、Java Virtual Machineがふたたび判断したときです。これには、ファイナライズの準備ができているほかのオブジェクトまたはクラスによって発生した処理も含まれ、その時点でこのオブジェクトは破棄されます。

        任意のオブジェクトについてJava Virtual Machineがfinalizeメソッドを複数回呼び出すことはありません。

        finalizeメソッドによって例外がスローされると、finalizeメソッドの処理は停止されます。そうでない場合は無視されます。

        APIの注:
        非ヒープ・リソースを埋め込んだクラスには、それらのリソースをクリーンアップするための多くのオプションがあります。 クラスは、各インスタンスのライフ・タイムが、埋め込むリソースの存続期間よりも長くなるようにする必要があります。 Reference.reachabilityFence(java.lang.Object)を使用して、オブジェクトに埋め込まれたリソースが使用されている間に、オブジェクトが到達可能な状態を維持できるようにすることができます。

        サブクラスは、インスタンスが収集される前にクリーンアップされなければならない非ヒープ・リソースを埋め込む場合を除いて、finalizeメソッドをオーバーライドしないでください。 ファイナライザの呼び出しは、コンストラクタとは異なり、自動的に連鎖されません。 サブクラスがfinalizeをオーバーライドする場合は、スーパークラス・ファイナライザを明示的に呼び出す必要があります。 finalizeチェーンを途中で終了する例外を防ぐため、サブクラスはtry-finallyブロックを使用して、super.finalize()が常に呼び出されるようにする必要があります。 次に例を示します。

             @Override
             protected void finalize() throws Throwable {
                 try {
                     ... // cleanup subclass state
                 } finally {
                     super.finalize();
                 }
             }
         

        例外:
        Throwable - このメソッドで生じたException
        関連項目:
        WeakReference, PhantomReference
        Java™言語仕様:
        12.6 クラス・インスタンスのファイナライズ