モジュール java.base
パッケージ java.lang.reflect

クラスUndeclaredThrowableException

  • すべての実装されたインタフェース:
    Serializable

    public class UndeclaredThrowableException
    extends RuntimeException
    呼出しハンドラのinvokeメソッドが、プロキシ・インスタンスで呼び出され、呼出しハンドラにディスパッチされたメソッドのthrows節で宣言されたどの例外タイプにも割当てできないチェック例外(RuntimeExceptionまたはErrorに割当てできないThrowable)をスローした場合、プロキシ・インスタンスのメソッド呼出しによってスローされます。

    UndeclaredThrowableExceptionインスタンスは、呼出しハンドラによってスローされた、宣言されていないチェック例外を格納しており、getUndeclaredThrowable()メソッドで取得できます。 UndeclaredThrowableExceptionRuntimeExceptionを拡張するため、チェック例外をラップする非チェック例外となります。

    1.4リリースでは、この例外は汎用的な例外チェーン・メカニズムに適合するように改良されています。 呼出しハンドラによりスローされた宣言されていないチェック例外(構築時に提供され、getUndeclaredThrowable()メソッドを介してアクセス可能)は、causeと呼ばれるようになり、前述のレガシー・メソッドに加えてThrowable.getCause()メソッドを介してアクセス可能です。

    導入されたバージョン:
    1.3
    関連項目:
    InvocationHandler, 直列化された形式
    • コンストラクタの詳細

      • UndeclaredThrowableException

        public UndeclaredThrowableException​(Throwable undeclaredThrowable)
        指定されたThrowableを持つUndeclaredThrowableExceptionを構築します。
        パラメータ:
        undeclaredThrowable - スローされた、宣言されていないチェック例外
      • UndeclaredThrowableException

        public UndeclaredThrowableException​(Throwable undeclaredThrowable,
                                            String s)
        指定されたThrowableと詳細メッセージを持つUndeclaredThrowableExceptionを構築します。
        パラメータ:
        undeclaredThrowable - スローされた、宣言されていないチェック例外
        s - 詳細メッセージ
    • メソッドの詳細

      • getUndeclaredThrowable

        public Throwable getUndeclaredThrowable()
        このUndeclaredThrowableExceptionでラップされたThrowableインスタンスを返します(nullも可)。

        このメソッドは汎用的な例外チェーン機能に先行します。 Throwable.getCause()メソッドが、この情報を取得するために現在推奨されている手段です。

        戻り値:
        スローされた、宣言されていないチェック例外
      • getCause

        public Throwable getCause()
        この例外の原因(このUndeclaredThrowableExceptionにラップされたThrowableインスタンス。nullの可能性もある)を返します。
        オーバーライド:
        getCause、クラス: Throwable
        戻り値:
        この例外の原因。
        導入されたバージョン:
        1.4