機械翻訳について

ネットワークのプロパティ

java.netパッケージのさまざまなクラスのメカニズムと動作を変更するために使用される、いくつかの標準システム・プロパティがあります。 一部はVMの起動時に1回だけチェックされるので、javaコマンドの-Dオプションを使用するのが適切な設定方法です。一方、他のプロパティの性質はより動的で、System.setProperty() APIを使用して変更することもできます。 このドキュメントは、これらのすべてのプロパティのリストを示し、それらの詳細を説明することを目的としています。

特に注意書きがなければ、プロパティ値は使用されるたびにチェックされます。

IPv4 / IPv6

これらのプロパティはどちらも、起動時に1回だけチェックされます。

プロキシ

プロキシ・サーバーは、ネットワーク・サービスへの間接的な接続を可能にするもので、主に、セキュリティ上の理由(ファイアウォールを通過させる)とパフォーマンス上の理由(プロキシはキャッシュ・メカニズムを提供することが多い)のために使用されます。 次のプロパティによって、さまざまな種類のプロキシを構成できます。

その他のHTTP URLストリーム・プロトコル・ハンドラのプロパティ

これらのプロパティはすべて、起動時に1回だけチェックされます。

アドレス・キャッシュ

名前解決の実行時、java.netパッケージはセキュリティ上とパフォーマンス上の両方の理由で、アドレス・キャッシュを使用します。 アドレス解決の試行は、前方解決(名前からIPアドレスへ)でも逆方向の解決(IPアドレスから名前へ)でもすべて、成功であったかどうかを問わず結果がキャッシュされます。そのため、以後の同一の要求はネーム・サービスにアクセスする必要がなくなります。 これらのプロパティでは、キャッシュの動作方法をいくつかの設定でチューニングできます。

これらの2つのプロパティは、セキュリティ・ポリシーの一部であるため、-DオプションやSystem.setProperty() APIでは設定されません。そのかわり、これらのプロパティはセキュリティ・プロパティとして設定されます。

バグを報告する、または機能強化を提案する
さらにAPIリファレンスと開発者ドキュメントについては、概念的な概要、用語の定義、回避策、および作業コードの例など、より詳細な開発者向けの説明が含まれている「Java SEドキュメンテーション」を参照してください。

Javaは、米国およびその他の国におけるOracleおよび/またはその関連会社の商標または登録商標です。

Copyright © 1993, 2018, Oracle and/or its affiliates, 500 Oracle Parkway, Redwood Shores, CA 94065 USA.
All rights reserved.
使用は「ライセンス条項」「ドキュメンテーション再配布ポリシー」に従います。